見出し画像

佐久間文子 性暴力における被害者と加害者の視点「生皮」(井上荒野)

文藝春秋digital


性暴力における被害者と加害者の視点

衝撃的なタイトルだ。

皮を剥がれ、血を流し続ける心の痛みがひりひりと伝わってくる。

本書は、文学の世界で起きた、ショッキングな性暴力を題材にしている。ショッキング、と書きながら矛盾するようだが、こういうことは実際にあちこちであっただろう、とも強く感じた。

動物病院の看護師として働く柴田咲歩は、7年前、カルチャーセンターの小説講座の講師だった月島光一からホテルに呼び出され、望まない性交を強いられた。

月島の講座から2人目の芥川賞の受賞者が出たことで、カリスマ講師として月島を取り上げる記事を偶然、目にしたことで、咲歩は週刊誌への告発を決意する。「子供がほしいのに、子供を産みたくない」と自分が思うことにも、月島とのできごとが影響していると気づく。

小説は多視点で描かれる。咲歩とその夫である俊。月島と、妻で、かつては小説を書いていた夕里。娘の遥。月島の小説講座の教え子で人気作家となった小荒間洋子。小説講座に通う加納笑子らだ。

それぞれの目から見える世界は大きく異なる。自分の身に起きたできごとを、誰にも知られたくないのに誰も知らないことに傷つき咲歩は告発するが、何も知らされていなかった俊はとまどう。加納は、咲歩から月島に特別扱いされる困惑を打ち明けられていたが、受け止めきれない。事件とまったく無関係の大学生三枝真人は、不満を口にした恋人への怒りの感情から、告発者を揶揄するコメントをツイッターに書き込む。

この続きをみるには

この続き: 463文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!