鈴木貫太郎 バラが咲く官邸で 鈴木道子  100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

鈴木貫太郎 バラが咲く官邸で 鈴木道子  100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
昭和天皇との阿吽の呼吸で無条件降伏を決めた首相鈴木貫太郎(1868~1948)。二・二六事件当時は侍従長で、反乱軍に襲われ重傷を負った。孫の道子氏(90)が語る。/文・鈴木道子(音楽評論家)

祖父は背が高く肉厚でガッチリとした体格でした。威風堂々として、人柄も身体も大きな人だったという印象が強いです。小さい頃、祖父に飛びつくと、家族から「大木にセミ」とからかわれましたね。映画などで枯れた老人として演じられることが多いですが、生気に満ち溢れていた祖父だからこそ難局に立ち向かえたのだと思います。枯れた老人ではできませんよ。

終戦の年の5月、母に連れられ首相官邸を訪ね、祖父と会いました。当時、私は13歳。東京女子高等師範学校附属高等女学校の2年生でした。敗色は日増しに濃くなり、空襲を避けるため、1、2年生は秋田県由利本荘市に疎開(勤労動員)することになりました。そこで東京を離れる前に祖父に挨拶するため、首相官邸を訪ねたのです。

鈴木貫太郎 トリム前

鈴木貫太郎と妻・たか

この続きをみるには

この続き: 325文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。