日本語探偵【お】「汚名挽回」の理屈 学問的にほぼ解明済み|飯間浩明
見出し画像

日本語探偵【お】「汚名挽回」の理屈 学問的にほぼ解明済み|飯間浩明

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。

【お】「汚名挽回」の理屈 学問的にほぼ解明済み

「汚名挽回ばんかい」は、世間でよく誤用扱いされることばの代表です。「『挽回』は取り戻すこと。『汚名挽回』では、汚名を再び取り戻すことになる。『名誉挽回』『汚名返上』と言うべきだ」というわけ。でも、これは濡れ衣です。「汚名挽回」はべつにおかしくありません。

このことは、ツイッターでも何度か述べたことがあります。すると、「飯間だけがネットで語っている珍説だ」なんて言う人が出てきた。いやいや、よく調べてください。「汚名挽回」の理屈がおかしくないことは、すでに論文も出ていて(佐々木文彦氏)、これを誤用とすることは「迷信」(新野直哉氏)という評価が事実上定説になっています。

この話、案外知られていないみたいなので、改めて述べておきます。

「汚名」と「挽回」が結びついて問題ないことをマスメディアで最初に指摘したのは、『週刊文春』の高島俊男氏の文章でした(1999年。『お言葉ですが…(5)』所収)。これは高山盛次氏の論の上に立って考察したものです。

要約すると、「挽回」は「頽勢たいせい・衰勢・衰運・劣勢……を挽回する」と、マイナス方向の語につく例が多くあります(むしろ、プラス方向の語につく例は、現代語では「名誉」ぐらいしかない)。つまり、「挽回」には「元の良き状態に戻す」という意味があり、「汚名挽回」も誤りではないというのです。

大変分かりやすい説明です。ここに示された「挽回」の使われ方は、その後の研究によっても確認されています。

この続きをみるには

この続き: 357文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。