大島真寿美 高校生が選ぶ直木賞のこと
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

大島真寿美 高校生が選ぶ直木賞のこと

文・大島真寿美(作家)

昨年、高校生直木賞というものをいただきました。

高校生直木賞。

ご存じでしょうか。

本家直木賞の直近1年間の候補作の中から、高校生によってあらためて選ばれる賞。

私は、あまりよく知らなくて、ぼんやりと、高校生が、本家の直木賞とは違うものを、“我らが直木賞はこれだ!”と選ぶんだな、と認識していました。

ということはすでに直木賞をいただいている拙作が選ばれることはないはず。可能性はなくはないけど限りなくゼロに近いだろうと思っていて、ですから、選考会当日、受賞の連絡がきたとき、驚いたのなんの。

そもそも拙作『渦 妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん) 魂(たま)結び』は、江戸時代の大坂・道頓堀が舞台。しかも現代の高校生にとってまるでなじみのない人形浄瑠璃(文楽)の世界を描いた小説で、主人公は浄瑠璃作者・近松半二(近松門左衛門ではなく、マイナーな近松半二)だし、全編にわたって関西弁だし、高校生たちがこの本を選ぶとは到底思えなくて、驚くと同時に、それはどういうことなんだろう? と俄然興味が湧いたのでした。高校生直木賞って何? どんなふうに選考しているの?

彼らの感想はとても面白くて、というか斬新で、部活動の人間関係に引きつけて読んでくれたり、アニメやドラマのエンタメの作り手たちになぞらえてくれたり、へー、そんな読み方もできるのか、と私には、かなり刺激的でした。

というわけで、本年度、選考会前のトークイベント(前年度の受賞者がやることになっている)のあと、選考会を傍聴させていただくことにしたのでした。せっかくの機会だし。

5月末、コロナ禍ゆえのリモート選考会でしたが、全国各地から参加した32校が、前半、A班とB班に分かれて候補作を絞り、後半、全参加者による討論で受賞作を決定するという流れ。

モニターに映しだされるたくさんの高校生たちを見ながら、こんな形で選考なんてできるのかなー、と思うまでもなく、さすが今時の若者たち、手慣れたもので、リモートに臆するどころか、チャット機能なんかも自在に使いこなしている。あたふたしている人など誰もいない。

この続きをみるには

この続き: 761文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。