大坂なおみ 「ジョークよ、ジョーク!」 内田暁 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

大坂なおみ 「ジョークよ、ジョーク!」 内田暁 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
4度のグランドスラム優勝に、社会的な発信力。日本人の母とハイチ系アメリカ人の父を持つ大坂なおみ(24)は今や多様性の象徴と言える。フリーライターの内田暁氏が、7年前のインタビューを回想する。/文・内田暁(フリーライター)

「私のお母さんは、スピードスケートのトップ選手だったの」

そう聞かされて「そうなの!?」と驚くこちらの反応に、彼女は慌てて「ジョークよ、ジョーク!」と前言撤回した。日本のメディアから取材を受ける機会は、まだ少なかった時分だったろう。たどたどしい英語で質問するこちらの気持ちを、彼女は和まそうとしてくれているようだった。

その後も「ジョークよ」発言は幾度か飛び出すも、基本的にはこちらの真意を探り、自分の想いを的確に表す言葉を探しながら、真摯に質問に答えてくれたと記憶している。

特に印象に残ったのは、彼女が、セリーナ・ウィリアムズに憧れた理由を明かした時。インディアンウェルズという、人口の大半が白人の町で開催された大会での、ある有名な“事件”がきっかけだったという。

この大会の準決勝でセリーナは、姉のビーナスと対戦予定だった。だが試合直前で姉は棄権。それを「八百長」と感じたファンは、翌日の決勝戦で、セリーナにブーイングを浴びせ続けたのだ。

理不尽な悪意をはねのけ優勝したセリーナの姿に、幼い大坂は「なんて凄い人なんだろう!」と感激した。

「私も、対戦相手の友人や親から酷いことを言われ、悲しくなって負けたことがあったから」

大坂なおみ

大坂なおみ

この続きをみるには

この続き: 206文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。