見出し画像

新天皇・雅子皇后の素顔「ほろ酔いの陛下が『歩いて帰りたい』」【全文公開】

陛下はお酒、雅子さまは生き物が大好き。ご出産秘話から御所の中の私生活まで……新天皇・皇后おふたりに接した人々が素顔を明かす。

文・立花 眞(学習院同級生)

画像2

 陛下とは幼稚園から同じクラスでした。背の順だったか、名前の順だったか、並ぶと陛下の後ろがいつも私。「なるちゃん」「しんちゃん」と呼び合っていて、新聞や雑誌の記事の写真には必ず陛下の後ろに私が写っていたものです。

 20代の半ば頃、学習院時代の友人と参加したある会合でヒゲの殿下(三笠宮寛仁親王)とお会いしました。殿下はざっくばらんな方でしたからべらんめえ調で「わかってんのか、彼をいかすも殺すもおめえら次第だぞ。おめえらがやらないで誰がやるんだ」とおっしゃった。陛下を社会人として一人前にするのはお前たち同級生だよ、ということです。たしかに、同じような年齢で世の中のことについて申し上げられるのは同級生しかいない。それを「友情」というのかわかりませんが、あの言葉は心に沁みました。

 当時の職場近くの小料理屋に陛下をお連れしたこともあります。特別扱いはお嫌だろうと思い、店にはお連れすることを伝えませんでした。「おやじ、いつも通りで」なんて言いながら5-6人で奥の座敷に向うと、おやじが「ん!? 今、誰通った?」と目をまるくしていました。

 ビール、日本酒を飲みながら楽しい時間を過ごしてお開きになると、ほろ酔いの陛下が突然「歩いて帰りたいです」とおっしゃった。外にはもちろんSPと車が待っていますが、われわれが「お付き合いしますよ、一緒に帰りましょう」と言うと嬉しそうでした。店を出て陛下を囲むように歩いていると、すれ違う人がみんな振り返っていましたね。御所の入口で「じゃあ」とお別れしました。

 お酒の余韻にひたって歩くというのは陛下にとってめったにない時間だったのだと思います。お別れしたあと、しまった、もしかして2軒目に行きたかったのかも、とも思いましたが(笑)。

画像2

お猪口でお酌を受ける陛下。中央は立花氏



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。