文藝春秋digital
宇沢弘文 孫たちに出した「難題」 占部まり 100周年記念企画「100年の100人」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

宇沢弘文 孫たちに出した「難題」 占部まり 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
行き過ぎた市場原理主義に警鐘を鳴らした経済学者・宇沢弘文(1928~2014)の思想が、コロナ禍のいま改めて注目されている。地域医療に従事する長女の占部まり氏が振り返る、宇沢経済学の原点。/文・占部まり(内科医)

占部まり(筆者)

占部氏

「つるとかめが合わせて3匹います。足の数が9本です。さあ、つるは何匹、かめは何匹?」

父の宇沢弘文が孫たちにつるかめ算を教えるとき、こんな「難題」を出していたことをよく覚えています。常識で考えると、つるは2本足、かめは4本足。でも、それだとこの問題に答えることはできません。

孫たちが「ありえない!」と騒ぐと、宇沢は「つるが足をたたんで寝ていたんだよ」とか「かめは交通事故で足が1本なくなっちゃったの」などとおどけて、みなが「ずるい!」とキャーキャーいうのを楽しげに眺めていました。

宇沢弘文

宇沢弘文

父の経済理論は、数学を用いて厳密に構築されています。数学は言語や文化、時代を超えて伝えることができます。ですから、自分の考えを未来へ引き継ぐために父にとって最適なツールだったと思います。

父は、人々がゆたかに暮らすために必要なものを「社会的共通資本」とし、それらは利益を貪るための道具ではないと考えました。医療や教育は、利潤の追求を前提にしてはならない。もしそうなれば、逆に人は貧しくなってしまうだろう、と。

こうした宇沢の考え方は、昭和天皇からかけていただいたこの言葉にすべてが集約されています。

この続きをみるには

この続き: 214文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。