見出し画像

日本で安楽死の法制化はすべきでない

文・宮下洋一(在欧ジャーナリスト)

 日本で、安楽死は認められるべきなのか――。この問いの答えを見つけるために、私はスイスやオランダといった安楽死容認国や、日本での取材を重ねた。結論から言えば、「認められるべきではない」というのが現時点での考えだ。ただし、安楽死に反対しているわけではない。この矛盾にも聞こえる内容を、私なりの観点から述べてみたい。

 安楽死には、主に「積極的安楽死」と「自殺幇助(ほうじよ)」のふたつの種類がある。

 前者は、オランダやベルギーで認められ、医師が患者に薬物を直接投与し、死に至らせる方法だ。一方、後者のみを認めるスイスでは、医師が薬物を用意し、最終段階では患者自らの判断に委ね、たとえば、致死薬の入った点滴を自らが開き、体内に流し込む手法がとられる。

 ちなみにスイスは、安楽死を目的とする外国人を受け入れる唯一の国だ。同国の安楽死団体の協力を得て、私は末期癌患者や難病患者が死に臨むまでを何度も取材してきた。中には、もうしばらく生きることのできる患者がいたこともあった。しかし、彼らはみな、安楽死に必要な次の4条件を満たしているとされた。

① 耐え難い痛みがある

② 回復の見込みがない

③ 治療の代替手段がない

④ 本人の明確な意思がある

 欧米社会では、安楽死を希望する患者は、この4条件を満たさなければならない。そして4つ目に挙げた「本人の明確な意思」こそ、日本人が安楽死を希望した場合、確認が難しいと思われる点だ。

 日本人は常日頃、「他人への迷惑」を意識しながら生きている。これは海外生活25年を超えた私が、日本に帰国するたびに感じる日本人の特性で、協調性とも言える美点だ。しかし、難病患者や寝たきり患者は「迷惑」を気にするあまり、次のような言葉を口にすることもある。

「家族に迷惑をかけるぐらいなら死んだほうがいい」

 日本の安楽死希望者から、よく聞く言葉だ。これでは、自らの明確な意思で死を決定しているとは言い難い。日本人独特の調和を保つための精神は、死の局面でも発揮される。だからこそ、自己決定の状況に迫られた時、正確な判断が下せなくなってしまう。

 そもそも、日本は、死の自己決定(死期は個人が決めるもの)を巡って安楽死を議論してきた欧米の歴史とは大きく異なる。オランダ、ベルギー、スイスなど、「個」が主体とされる国々では、個人の意思が尊重され、家族の同意も得られやすい。死を決めるのは、あくまでも患者であり、家族でも医師でもない。本人の意思によって、安楽死は実行されている。

 日本で安楽死が法制化されていると仮定しよう。自らの意思とは関係のない、周囲の空気を忖度することで、死期が早められてしまうことはないか。現在も、看取りの現場で、家族の意向を汲んで医師が最期の医療手段を検討することがあるようだ。安楽死にもそうした周囲の「空気」が働くことが十分に考えられる。

 しかし、かといって日本人が安楽死してはいけないのかというと、私はそう思っていない。

 私が反対しているのは、安楽死の法制化に対してのみだ。死に方は、生き方の反映であり、個人の死は個人が決めること。その揺るぎない信念の下で、最期の在り方を決められるのであれば、誰によっても否定されるべきではないだろう。ただし、個人の明確な意思を基にした周囲の合意は必要だ、というのが私の持論だ。

この続きをみるには

この続き: 1,263文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
文藝春秋digitalが送る「2020年の論点100」は、幅広い教養が手軽に身につくマガジンです。今最も人気がある100人の論者が100個の論点を明快に解き明かします。激動の2020年を生きるあなたの強い味方になる1冊です。

日本を代表する知識人たちが2020年に日本が直面する100の課題を徹底的に論じた教養マガジン。小論文対策をしたい高校生から、レポートに困っ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
5
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

2020年の論点100
2020年の論点100
  • 101本
  • ¥1,400

日本を代表する知識人たちが2020年に日本が直面する100の課題を徹底的に論じた教養マガジン。小論文対策をしたい高校生から、レポートに困っている大学生、教養を身につけたいビジネスマンまで幅広くサポート。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。