見出し画像

日本語探偵【ひ】「ひとりごちる」は厳然たる現代語である|飯間浩明

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。

【ひ】「ひとりごちる」は厳然たる現代語である

「ひとりごちる」という現代語があるかどうか、ツイッターでちょっとした議論になりました。「独り言を言う」の意味で使われる動詞のはずですが、次のような趣旨の発言があったのです。

「『ひとりごちる』は古語であり、現代の辞書には載っていない。厳密には、古語では『ひとりごつ』で、『ひとりごちる』は最近の造語らしい」

これに対し、「ひとりごちる」を普段創作などで使っている人々から反論が相次ぎました。「現代語として確かにある」というのです。いわゆる炎上の状態になり、元の発言者は、間もなく当該のツイートを消去しました。

私も「ひとりごちる」は現代語と言っていいと考えます。文学作品などの実例が珍しくないからです。とりあえず、戦後文学の例を2つ挙げておきます。

〈徹吉は強いて背筋をのばすようにしてひとりごちた〉(北杜夫「楡家(にれけ)の人びと」1964年)
〈娘は私のひとりごちる言葉がラジオの音できこえなかったか〉(水上勉「茄子(なす)の花」1993年)

ただ、具合の悪いことに、国語辞典で「ひとりごちる」を載せるものは多くありません。『三省堂国語辞典』『明鏡国語辞典』など少数です。多くの辞書は「ひとりごつ」で見出しを立てています。これが、「ひとりごちる」という現代語はないという誤解につながりました。

この続きをみるには

この続き: 423文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
9
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。