見出し画像

原点回帰――片山勝三

文・片山勝三(興行師)

 芸人がライブを行う「劇場」という興行の世界で20年以上生きてきた僕から、これから芸人として生きると決めた方へお伝えします。

「素晴らしいタイミングで芸人として生きていく覚悟を決めましたね!」と。

 社会が窮屈になり、お笑いが大変なときに何を言っているんだ、と思われるかもしれません。でも、倫理観が強まる中、芸人が芸人らしく生きて大金持ちになれるような、そして若者から絶大な支持を受けるような世の中がまた来るという確信が、僕にはあります。そのためにすべきことがあります。

 それは、劇場という舞台で、お客様と芸人を直接つなぐことです。

 そのお手伝いをするために、僕は吉本興業でマネージャーを10年務めた後、劇場でのライブ制作を主に行う、スラッシュ―パイル.という会社を、2009年に立ち上げました。実は、劇場という場を活用すれば、ビートたけし、明石家さんま、ダウンタウンといったビッグネームの芸人より、お金を稼ぐことが出来るようになるのです。

 今までの芸人はテレビの出演料で何億と稼いでいました。しかしテレビの視聴者離れによる広告費の低下の影響で、高額の出演料が支払われる状態にはきっと戻らなくなります。

 さらに問題なのは、お客様と芸人がとても遠いところにいる現状です。

 お客様が商品を購入し、お金が企業に入る。その企業が広告費としてテレビ局にお金を払う。テレビ局はその中から番組制作費を捻出する。その一部が番組に出演する芸人の事務所に支払われ、その後ようやく芸人に出演料として届く。たくさんの手数料が引かれて、芸人の手元に来る頃には僅かなお金となっています。

 だから、一番お金を稼げる方法は何か。

 もうお分かりですね。

 そうです! お客様から直接お金をもらうのです!

ここから先は、有料コンテンツになります。記事1本ごと100〜200円で購入するよりも、月額900円で70本以上の記事が配信される定期購読マガジン「文藝春秋digital<シェアしたくなる教養メディア>」の方がお得です。今後、定期購読していただいた方限定のイベントなども予定しています。

この続きをみるには

この続き: 990文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
4
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。