永六輔 「自分で探す」思想 外山惠理 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

永六輔 「自分で探す」思想 外山惠理 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
市井の人々の話を聞き、その知識をラジオを通じて伝え続けた永六輔(1933~2016)。長くサポートした外山惠理氏が想いを明かす。/文・外山惠理(TBSアナウンサー)

外山惠理(語り手)

外山さん

物知りだけど気難しい人——。そんなイメージで見られがちな永六輔さんとの出会いは、2000年5月、「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」のアシスタントに私が起用された時でした。当時、たくさんのリスナーから「外山で大丈夫か?」と不安視する手紙が番組に寄せられました。でも永さんはその一通一通に、「彼女のいいところを見てあげてください」と、私を擁護する返事を書いてくれていたんです。

「どこが気難しいの? 永さんってすごくいい人じゃない!」

と思いました。

「テレビ嫌い」と見られてもいましたが、決して嫌いなわけではなかった。ただ、今のテレビ番組に、“作り手の思い”がないことを危惧していました。自分で「面白い人」を探さずに、他の番組に出ているタレントを連れてきて、似たような番組を作る安直さに嫌気がさしていた。「自分で探す」という、番組作りの根幹をなす思想がない今のテレビ業界に興味を失っていたのです。

永六輔

永六輔

この続きをみるには

この続き: 347文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。