新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

どちらが恐い|藤原正彦「古風堂々」

文・藤原正彦(作家・数学者)

私にとってコロナとは、小学校3年生の時に、父に連れられて行った東京天文台で見た、太陽の周りで輝く散乱光であった。父の旧制中学以来の友人である古畑正秋先生が、黒点やコロナを見せてくれたのである。コロナが100万度もあると聞いて驚いたのを覚えている。それが今や、コロナ、コロナと騒々しい。女房などはテレビがコロナと言い始めただけで辟易してチャンネルを回してしまう。

デマまでが飛びかっている。「武漢で働く日本人医師によると……」というデマメールが同級生から来た。先日はなんと、カナダに住むオーストリア人バイオリニスト(妖艶)から「武漢で働くイタリア人医師によると……」が来た。母国の友人から来たものをわざわざ英語に翻訳して送ってくれたのだ。遠い地で未だに私への熱い想いにまみれている美女がいることはうれしいが、デマはデマだ。

世界中が騒ぐのは「得体の知れないものに対する不安」からだ。現在(3月23日)、新型コロナによる死者数は世界中で1万3000人ほどである。毎年季節性インフルエンザで50万人前後が死んでいるのに騒がないのだから、現在の騒ぎは不安によるパニックだ。最も狼狽しているのは欧米である。ペストで人口が3分の1減したという歴史があるからだろう。非常事態宣言、外出禁止令、商店閉鎖令などが各国で出され、マクロンもトランプも「これは戦争だ」と言った。米国の専門家チームは、最悪の場合、米国で2億人以上が感染すると発表した。チームの使った拡散モデルは、1人の感染者が全く免疫を持たない集団に入り、他のインフルエンザと同じく2、3人に感染させるとして計算したものである。数学を現実問題に応用する場合、大切なのは前提が正しいかどうかだ。ここでの前提は、我々が新型コロナウイルスに対して全く免疫を持たない、そして1人が2、3人にうつすことである。しかしこれらは我が国の専門家会議の発表した日本における事実、「1人の感染者がおおむね1人を感染させている」とか「感染者の8割は他人を感染させていない」に合致していない。前提あるいは拡散モデル、恐らく両方が不適切なのだ。「生まれてから多くの風邪を経験した我々は、新型コロナに対してもある程度の免疫を持っているのかも知れない」という専門家もいるのだ。感染病学者が根拠薄弱などぎつい推測を出し、週刊誌や視聴率狙いのワイドショーがそれらを競って取り上げている。東日本大震災時にも科学者もどきが放射能について悲観論をたれ流し、地震学者が「どこそこで大地震大津波の起こる確率は……」と根拠薄弱な推測をまき散らした。当時も今も、風評被害や報道被害が大きい。

ここから先は、有料コンテンツになります。記事を単品で購入するよりも、月額900円の定期購読マガジン「文藝春秋digital<シェアしたくなる教養メディア>」の方がおトクです。今後、定期購読していただいた方限定のイベントなども予定しています。

★2020年5月号(4月配信)記事の目次はこちら

この続きをみるには

この続き: 1,398文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
15
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。