見出し画像

『賃労働の系譜学』著者・今野晴貴さんインタビュー

文藝春秋digital

証明写真2020

今野さん

政府が“働き方改革”を打ち出し、経済産業省が「雇用によらない働き手」であるフリーランスの支援に動き始めて久しい。会社に定年まで勤めて“賃労働”をするサラリーマンとは違う“自由”な働き方に注目が集まり、巷の書店ではアーリーリタイアとほぼ同義の“FIRE”の関連書籍がよく売れている。しかし、『ブラック企業』など日本の労働環境について浩瀚こうかんな著作を持つ著者の今野さんは、日本社会の行く末に警鐘を鳴らす。

「従来型のアルバイトとは違って雇用契約がないのが『プラットフォーム型労働』の特徴です。最近ではウーバーイーツの配達員などが代表的で、自分の好きなタイミングで働けると思われていますが、実際には下請けのような労働をしていて、まったく“自由”ではありません」

日本全体で非正規雇用の割合はおよそ4割近くにまで上昇し、将来の雇用や社会保障に不安を抱えている労働者の数も多い。コロナ下では電話の対応や宅配便の受け取りなどテレワークではできない仕事を、非正規雇用の社員が担う“テレワーク差別”も少なくない。

「この国の労働運動はおもに企業別組合が牽引してきたのですが、前提であった『大企業の男性正社員』が特殊な人々になりつつあります。春闘による労働市場の調整もほとんど機能しなくなっていますし、中小企業や非正規の労働者たちの環境改善は永く放置されてきたんです」

この続きをみるには

この続き: 410文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!