文藝春秋digital
頭蓋骨陥没の大怪我を負ったオヤジがぼくに言ったありがたい言葉 夢枕獏(作家)
見出し画像

頭蓋骨陥没の大怪我を負ったオヤジがぼくに言ったありがたい言葉 夢枕獏(作家)

文藝春秋digital
著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、夢枕獏さん(作家)です。

親父は詩人だった?

ぼくの父が亡くなったのは、74歳の時だ。少し早い死だ。死因はガン。若い頃のぼくの目標は、父が死んだその歳よりも長く生きることだった。

父、つまり親父が詩を書いたり小説を書いたりしていたことは、亡くなったあと母から知らされた。

「これがそうよ」

と、残っていた詩の原稿を母から渡されて読んだのだが、残念ながら名品というような詩ではなかった。わずか数編の詩であったが、その中に3回も「名も知らぬ花」という表現があった。若い頃の父親の詩を読むというのは、息子としてはなんだか恥ずかしいが、そうだったのかとうなずけるところもあったのである。

大学を卒業した時、就職せずに、山でバイトをしながら小説を書いてゆきたいと言ったぼくに、何の反対もせず、

「好きにすればいい」

と、あっさり認めてくれたのは、親父のどういう心の動きであったのか。おかげでぼくは、この時家出をしそこねて、30歳で結婚するまで、実家で暮らしながら、バイトと山と小説の日々をすごしてしまったのである。

ぼくが23歳の時——ヒマラヤへゆくための資金を稼ぐため、バイトにあけくれていたおり、親父が交通事故にあった。頭蓋骨陥没という大怪我で、3日間意識不明だった。4日目に意識を取りもどした親父に、ヒマラヤへゆくのはやめて就職し、家族の面倒は自分がみる決心をしたことを告げると、

この続きをみるには

この続き: 323文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。