文藝春秋digital
荻原健司(長野市長)「スキーヤー、メイヤーになる」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

荻原健司(長野市長)「スキーヤー、メイヤーになる」

文藝春秋digital
文・荻原健司(長野市長)

群馬の草津で生まれ育ち、大学時代を埼玉で過ごした私が長野市に住み始めたのは、1992年のことです。私はノルディック複合というジャンプとクロスカントリースキーを組み合わせる種目の選手として、オリンピック2度の金メダルをはじめ、世界選手権、ワールドカップの個人総合3連覇など活躍できましたが、それも長野の皆さんのおかげです。その恩返しがしたくて長野市長選に出馬。昨年11月から市長を務めています。

30年前、大学卒業を控えた私が長野へ移り住んだのは、6年後に開催を控えていた長野オリンピックのためでした。長野の企業に就職すれば本番に近い環境で練習を積めると思い、長野市に本社を置く企業のお世話になることにしたのです。

実際、練習環境は抜群でした。上質な雪とコースに恵まれたゲレンデで、思う存分スキーに打ち込むことができました。

それに住んでみると、都会の便利さと豊かな緑をあわせ持つ長野市の魅力に惹かれました。生活と自然が一体となった、なんて暮らしやすい街だろうか、と。

長野県は農業が盛んで、総農家数は全国1位。近所に畑を借り、家庭で食べるための野菜を栽培する方も多くいらっしゃいます。

「キュウリがたくさん採れちゃったんだけど、もらってくれない?」

近所の人がそう声をかけてくれる、人と人の繋がりがある街なのです。

迎えた長野オリンピックでは日本選手団の主将として、開会式で選手宣誓を行いました。その後も選手、指導者として長野市を拠点に活動するうち、私のスキー人生を支えてくれたこの街に、そして日本のスポーツ振興に貢献したいと思うようになりました。

選手時代、海外遠征で多くの国や地域を見るにつけ感じていたことがあります。それは、日本はまだまだ国としてスポーツへの理解や支援が足りていないということ。たとえばオーストリアはアルプスの山々に囲まれた地の利を生かし、ウインタースポーツ、さらにはウインターリゾートを盛り上げるべく、国を挙げ取り組んでいます。国立のスキー学校がいくつもあり、世界で戦えるスキーヤーを次々に輩出するなど、日本では考えられないほど施設やシステムが整備されているのです。

日本でもスポーツ振興を図るためには何をするべきか。そう考えていたとき、「参議院議員選挙に立候補しないか」と声をかけられました。引退して2年ほどが経った頃のことです。背中を押される形で立候補し参議院議員を1期6年務めましたが、このときの経験から、政治家として行政を動かせばスポーツ振興に取り組むことができると、私の中で両者が結びつきました。その後スポーツの現場へ戻りましたが、長野市へ恩返しをしたい、もっとウインタースポーツを盛り上げたいという気持ちは持ち続けていました。

市長選に立候補したのは、かつてオリンピックを開催してくれた長野市が新型コロナで苦しんでいる姿を目の当たりにし、恩返しするなら今しかないと思ったからです。

この続きをみるには

この続き: 509文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。