見出し画像

数字の科学 世界一黒い物質の光の吸収率

サイエンスライターの佐藤健太郎氏が世の中に存在する様々な「数字」のヒミツを分析します。

世界一黒い物質の光の吸収率=99.995%

カーボンナノチューブ(CNT)という物質がある。炭素原子が細いチューブ状に長く連結したもので、極めて強靱な繊維となる他、チューブの巻き方によって優れた導電体にも、半導体にもなりうる。このため発見者の飯島澄男博士は、長らくノーベル賞の有力候補に挙げられているほどだ。

だがCNTは、性質の揃ったものを大量に作ることが難しく、思うように応用展開が進んでこなかった。鳴り物入りで登場した大型新人が、大成せぬまま表舞台を去るケースは少なくない。CNTもまたその道を歩むのか――と思われた矢先、思わぬ方面への応用が見つけ出された。CNTが、「世界一黒い物質」になるというものだ。

2014年英国で、CNTを物質の表面に垂直に成長させると、異様な黒色になることが偶然発見され、「ベンタブラック」と命名された。この物質に当たった光は、チューブ内で屈折を繰り返して外部へ出られなくなり、熱エネルギーなどに変換されて消える。このためベンタブラックは、当たった光の99.965パーセントを吸収してしまう。通常の黒色塗料はせいぜい95パーセント程度だから、まさに恐るべき黒さだ。

この続きをみるには

この続き: 492文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
2
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。