名品探訪②「一生モノのコート」
見出し画像

名品探訪②「一生モノのコート」

雨の日も風の日もあなたを優しく包み込み、共に育ち、いつしか至極の風合いを醸し出す……。そんな一生モノのコートとともにある人生は、この上なく豊かである。/文=山下英介、写真=渡辺修身、スタイリスト=四方章敬

画像1

Hermès(エルメス)
フランス語では胡椒色と表現される、趣あるカーキ色のゴート(山羊)レザーを使った、フーデッドコート。そのしなやかな肌触りや、袖に施された手縫いステッチに象徴されるエスプリの効いたデザインは、エルメスだけが辿り着く境地。コート¥2,046,000、ストール¥163,900/以上エルメス(エルメスジャポン☎03-3569-3300)

フランス俳優が体現した コートのダンディズム

狩猟や乗馬といったスポーツ。軍隊における任務。そして格調高き儀式……。主に19世紀後半から20世紀前半の英国で、ひとつの目的を遂行するためだけにつくられたコートという洋服に人々は魅了され、その装いは街へと広まっていく。そして1960年代のフランス映画全盛期に、その美意識は完成を見る。ジャン・ギャバンやベルモンド、アラン・ドロンといった俳優たちがこぞって着こなす、くたびれたコットンコート。その哀愁漂う姿を通して、当時の若者たちは、コートという洋服が人間の生き様を象徴する存在であることを、思い知ったのだ。

昔と較べれば冬の街もだいぶ暖かくなったが、コートだけは昔のように一生愛せる、暖かで丈夫なものを選びたい。多少なじむのに時間がかかっても、いつしかそれは自分の分身のような、かけがえのない一着に育つだろう。

コートとは、生き様の象徴である

画像2

Alain Delon(アラン・ドロン、写真上)
コートの襟を立てた姿が世界一サマになる俳優、アラン・ドロン。アクアスキュータムのトレンチコートを着た『サムライ』もよいが、40代で演じた『パリの灯は遠く』の、シックなステンカラーコート姿も素敵 ©Newscom/Aflo
Jean-Paul Belmondo(ジャン=ポール・ベルモンド、写真下)
精悍さが魅力のアラン・ドロンとは反対に、よれよれのコート姿が実に似合っていたのが、ジャン=ポール・ベルモンド。中でも『いぬ』で見せた男らしくも退廃的な軍用トレンチコートの着こなしは伝説的だ ©Giancarlo BOTTI/gettyimages

この続きをみるには

この続き: 1,476文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。