見出し画像

世界一苦手なスポーツを仕事にしたら、人生変わった。|澤田智洋

文・澤田智洋(世界ゆるスポーツ協会代表理事)

「ええっ! スポーツが苦手な人っているんだ!」

自分がスポーツ嫌いという話をしたら、こんなリアクションが返ってきたことがあります。相手は、元ラグビー部の「スポーツ強者」の友人です。彼からすると、「二度と体育はしたくない」「スポーツをすることから全力で逃げ回っている」「上司から無理やり誘われたフットサルに参加するくらいなら舌をかみちぎる」人がこの世にいるなんて信じられないのでしょう。

でも、スポーツ庁の調査によると、成人した日本人で日常的に運動をしていない人は46.4%もいます(2018年)。中学生の16.4%が「スポーツ嫌い」というデータもあります(2017年)。

そう、スポーツと縁遠い、あるいは苦手な「スポーツ弱者」は大勢いるのです。その代表格が僕です。足が遅い、肩が弱い、ボールと永遠に友達になれない。逆三拍子がすべて揃っています。20代のころは、この恥部をひた隠しにして生きてきました。

ところが、あることがきっかけで「自分のこの弱さを仕事にしてみよう」と一念発起し、2015年に「世界ゆるスポーツ協会」という団体を立ち上げました。めざしているのは、スポーツ弱者を世界からなくすこと。「アスリートファースト!」が叫ばれるスポーツ格差助長時代において、すべての人をスポーツ好きに変えることがゴールです。そのために、ベビーバスケ、顔借競争、ブラックホール卓球、など90種類以上の新しいスポーツを仲間たちと発明してきました。

現代スポーツでは、「より速い、高い、強い」人しか勝てません。でも、人の魅力はもっと多様です。気配りが上手な人、子守が上手な人、口笛が上手な人。こういう強みが生きるならば、スポーツ好きは今よりも増えるのではないでしょうか。

例えば「イモムシラグビー」という、ゆるスポーツがあります。カラフルなイモムシのウェアをまとい、這ったり転がったりして遊ぶラグビーです。実はこれ、二分脊椎で車いすユーザーの上原大祐さんのために開発しました。ある日彼の家に遊びにいったら、車いすを玄関に置いて、家の中では這って移動していたんです。「ちょっとお茶とってくるね」。そう言うなり、上半身を左右に振りながら、シュシュシュッとまるで泳ぐように移動する上原さん。

この続きをみるには

この続き: 832文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。