見出し画像

世界経済の革命児 エリック・ユアン|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、エリック・ユアン(Eric S. Yuan、Zoom創業者CEO)です。

202006 世界経済の革命児顔写真(エリック・ユアン)※共同通信フォトから取りました

エリック・ユアン

新型コロナで名を売った“巣ごもり発明家”

ビデオ会議サービス「Zoom」を運営する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ。「Zoom会議」「Zoom講義」に始まって、果ては「Zoom飲み会」まで。新型コロナで自宅にこもる人々の必須アイテムとして、あっという間に世界に広がった。

Zoomが登場する前にも、インターネットを使ったビデオ会議システムは存在した。しかしマイクロソフトの傘下に入った「スカイプ」やグーグルの「ハングアウト」などそれまでのシステムに比べ、Zoomは圧倒的につながりやすく、回線が切断されにくい。3月時点で2億人だったZoomの利用者は4月21日までに3憶人に増えた。新型コロナウイルスの感染拡大で最も名を売った企業の一つだろう。

Zoomがナスダック証券取引所に株式を上場したのは2019年4月。オープニングベルを鳴らすため、創業者でCEO(最高経営責任者)のエリック・ユアンが姿を現すと、会場がどよめいた。生でこの男を見る機会は滅多にないからだ。

人見知りなわけではない。ウェブビデオ会議ソフトを世界に普及させることを自らの使命と考えるユアンは、相手が超のつく大物でもリアルで会う前に必ずこう言う。

「まずは、リモートでお話ししませんか」

Zoomを使った打ち合わせが終わると、大抵の人はこう言う。

「次からもZoomで構いません」

この続きをみるには

この続き: 1,165文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
5
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。