茶室で過ごす時間 森下典子
見出し画像

茶室で過ごす時間 森下典子

文藝春秋digital
文・森下典子(エッセイスト)

令和3年正月、テレビをつけたら映画『日日是好日』を放送していた。20歳の時、母の勧めでお茶の稽古に通い始め、挫折や失恋、父の死を経験しながら、お茶を習うことの本当の意味に気づく、私の若き日の実話である。

私はこの映画のスタッフの一人でもあった。大森立嗣監督を始め、助監督、主演の黒木華さん、先生役の樹木希林さんもお茶の経験がなかった。悩んだ末に茶道教室を開き、監督やスタッフに基本の稽古をつけ、撮影現場に立ち会った。これは私にとって「事件」というべき一生ものの経験で、それについて先日、『青嵐の庭にすわる 「日日是好日」物語』という本を上梓したところだ。

それにしても、正月に観た『日日是好日』には、今までと一味違う印象を受けた。映画の終盤、黒木華さんの独白にドキンとしたのだ。

「お茶を始めて24年、世の中は激変した。世界中で誰も想像できないことが起きた」

この映画を撮影した頃、まだコロナは影も形もなかった……。そして、初釜の場面の樹木希林さんのセリフ。

「毎年毎年、同じことの繰り返しなんですけども。でも、私、最近思うんですよ。こうして、同じことができるってことが、ほんと幸せなんだなあって」

当たり前にしていたことができなくなった状況下で観ると、なんだか、映画が未来を予見していたように聞こえた。

この続きをみるには

この続き: 1,095文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。