「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

【フル動画】小泉悠×砂川文次 対談「ロシアを巡る『虚』と『実』」

文藝春秋digital

◆“ロシアと戦う”「小隊」

文藝春秋digitalは、5月16日(月)19時〜、東京大学専任講師の小泉悠さんとの作家の砂川文次さんによるオンライン対談イベント「ロシアを巡る『虚』と『実』」を開催しました。

《ご対談動画はこのページ下部にあります》

「ブラックボックス」で第166回芥川龍之介賞を受賞した砂川さんですが、その前作「小隊」は北海道に上陸したロシア軍と自衛隊が繰り広げる戦闘行為が描写された作品です。

若き小隊長の視点から描かれる同作では、元自衛官である砂川さんの経験によるものか、極めてリアルで生々しい展開が続きます。軍事専門用語が頻出し、避難勧告に応じない北海道の住民や、戦地に広がる壮絶な光景、自衛官の孤独などが描かれています。

軍事研究者でもある小泉悠さんは「小隊」について、「『戦場』とはこうしたものか」というコメントを寄せ、東部軍管区のロシア軍部隊の描写の正確さを賞賛しています。「ロシアと戦う」同作のリアルさは奇しくも2022年現在、一定のリアリティを持つようにもなっています。

今年2月24日、ロシア軍がウクライナへの侵攻を始めました。現在にいたるまで、首都キーウ(キエフ)をはじめ複数の都市への攻撃、戦闘が確認されており、事態は当初の予想を裏切って長期化の様相を呈しています。

元自衛官である砂川さんは現在の状況をどう捉えているのか、軍事研究者の小泉さんは“虚構”の日露戦争である「小隊」をどう読んだのか――貴重な対談、ぜひご覧ください。

当日リアルタイムでご覧になれない方も、イベントの模様を収録した動画を配信しますので、何度でもご覧いただくことができます(※編集の都合上、動画はイベント終了後、一両日中に公開します)。動画は本記事のいちばん下(有料部分)にアップします。

◆イベント概要

イベント名:「ロシアを巡る『虚』と『実』」

出演:砂川文次、小泉悠

日時:5月16日(月)19時〜20時30分(予定)Zoomウェビナーを使用して開催します。完全オンラインイベントです。

料金:900円(文藝春秋digital定期購読内コンテンツ)※購読者の方は別途料金はかかりません。

◆小泉 悠(こいずみ・ゆう) プロフィール

小泉氏

…1982年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。外務省専門分析員、未来工学研究所研究員、国立国会図書館非常勤調査員などを経て、東京大学先端科学技術研究センター専任講師。ロシアの軍事研究が専門。2019年、『「帝国」ロシアの地政学「勢力圏」で読むユーラシア戦略』でサントリー学芸賞を受賞。著書に『ロシア点描』『プーチンの国家戦略』『軍事大国ロシア』など。

◆砂川 文次(すなかわ・ぶんじ) プロフィール

画像2

…1990年大阪府生まれ。公務員。元自衛官。2016年「市街戦」で第121回文學界新人賞を受賞し、デビュー。「戦場のレビヤタン」「小隊」が芥川賞候補作としてノミネート。「ブラックボックス」で第166回芥川龍之介賞を受賞。

◆問い合わせ

文藝春秋編集部
メール:mbunshun@bunshun.co.jp

◆対談フル動画

《この下にフル動画があります》

この続きをみるには

この続き: 36文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。