見出し画像

長崎の愛に支えられて――髙田春奈

文・髙田春奈(V・ファーレン長崎社長)

 2020年1月2日付でサッカーJ2リーグV・ファーレン長崎の代表取締役社長に就任した。経営破綻寸前までいった地方クラブを、地元企業であるジャパネットホールディングスが引き継ぐ決意をしたのがつい3年前の2017年4月。当時は広報担当として一通りの出来事に立ち会ったが、まさか自分が社長としてこのクラブに携わることになろうとは。

 長崎に生まれながらも、中学から外に出た私にとって、長崎という地は近くて遠いものだった。それがこの1年半で、幼い頃の記憶を時に引き出しながら、自分の人生の大きな一部にまで変化していったのである。

 私が具体的にV・ファーレンの仕事に関わり始めたのはグループ化から1年後の2018年4月だった。奇跡の昇格を成し遂げ、初めて臨むJ1の舞台。それは選手達だけでなく、運営側にとっても、予想以上に大変なものだった。ホーム開幕戦、最悪の運営をしてしまい、お客様をがっかりさせた。会議で対策を考えたが一向に進まず、その場の勢いにも近い形で、自分が兼務して何とかしたいと手を挙げた。そこから今まで、ホームゲームの運営や、グッズ開発、広報・プロモーション等を担当し、ファンや県民の皆さんに喜んでもらえるクラブを目指した。至らぬことばかりだが、その過程で長崎の持つ魅力に何度も触れ、心が動かされていった。

 長崎は観光地として人気があり、その異国情緒あふれる空気感は他県にはない強みである。しかしその一方で、県庁所在地である長崎市は人口流出を続け、2018年には全国の県庁所在地で1番の流出超の地となってしまった。

 若い人とたまに話すと、長崎を愛しはしているが、外に出てみたいらしい。かくいう私も、長崎に故郷意識を持ちつつ、やっぱりそこに住むことは考えられなかった。言い方は悪いが、やや保守的でちょっと要領が悪い。伝統を大切にし、自分たちの土地に安心と誇りを持っているが、新しいものを取り入れる思い切りがない。変わることの必要性を感じていないのかもしれないし、それが若い人には不安なのかもしれない。

 でもアウェイから来た人を心からもてなし、お人よしと言えるほど受け入れる。サッカーファンを気取りたければ、それだから勝てないのだと言えもするだろう。でもそれが長崎の良さなのだと私は思う。

ここから先は、有料コンテンツになります。今後、定期購読していただいた方限定のイベントなども予定しています。

★2020年2月号(1月配信)記事の目次はこちら

この続きをみるには

この続き: 965文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
6
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。