将棋短歌|先崎学
見出し画像

将棋短歌|先崎学

文・先崎学(棋士)

なにかできないかな、と思った。今年のお正月過ぎのことである。東京はコロナ患者の急増で緊急事態宣言の再発令が決っており、暗いムードにつつまれていた。

別に面倒なことをしなくてもよいのだが、おりからの将棋ブームで、ファンは情報を欲している。対局以外の活動はほぼ止っている。棋士としてできることは……SNSでできることは……。私が女流アイドル棋士のように、ニッコリ笑ったり、作った料理の写真を発信したりしても仕方がない。私の武器はやはりことばだ。ことばを使って、さて何をしよう――。

長風呂をしながら私は考えた。我が家の風呂にはちいさな本棚がある。読んでいる最中にお湯のなかに本をよく落として妻に怒られるのだが、それはさておき、そこに「万葉集」が置いてあったのである。即座に私はひらめいた。そうだ、短歌だ!

断っておくが、私は歌心ゼロ、俳句を含めて歌というものは50年の人生で1回も作ったことがない。だが、直感的に31文字が、やりがいがあると感じた。

かくして「先崎歌壇笑」は世に出たのだった。笑とつけたのは、さすがに恥ずかしかったからである。

この続きをみるには

この続き: 1,157文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。