文藝春秋digital
「戦狼」対策は豪州に学べ 驕れる中国とつきあう法 山上信吾(駐豪州大使)
見出し画像

「戦狼」対策は豪州に学べ 驕れる中国とつきあう法 山上信吾(駐豪州大使)

文藝春秋digital
「とてつもないオウンゴール」で豪州国民に警戒感が広がった。/文・山上信吾 (駐豪州大使)

画像2

山上氏

日本外交官を試す「踏み絵」

「アンバサダー・ヤマガミ、何故日本はオーストラリアより遥かにうまく中国とやっているのですか?」

豪州着任以来、何人もの豪州人から聞かれてきた質問である。

外交の世界に足を踏み入れて40年近くになる。ようやく最近になって悟ってきたが、外交官はしばしば試される。踏み絵を踏まされるのだ。この質問が典型だ。

仮に「そうですね。日本は……」などと、したり顔で答えようものなら、蟻地獄に入る。「新任の日本大使はモリソン政権の対中政策を批判した」として利用されるのは必至だからだ。実際、このような質問をしてくる人の多くは、モリソン政権の対中アプローチや政策に懐疑的な立場だった。

そこで私は、少し意地悪な切り返しをすることにしている。

この続きをみるには

この続き: 9,786文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。