オヤジの話__改___1_

鎌田浩毅さんのオヤジの話。

著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、鎌田浩毅さん(京都大学教授)です。

好きなことより、できること

道路会社の技術屋をしていた父は、あまり家に帰らなかった。機械部という部署に属し、会社の機械が故障しかけるとすぐに飛んでいった。家族の体調より機械の機嫌をずっと気に掛けていた。

帰宅すると自動制御という機械工学の本を読み、何やら紙に図面を描きながら細かく数字を書き込んでいた。パソコンはおろか電卓もない時代で、計算尺というプラスチック製の簡易器具を駆使して長大な計算をしていた。

機械遊びに飽きると積分方程式とか連続群論とかいう題名の数学書を腹ばいになって読んでいた。覗き込むと日本語より数字と記号が多く記されており、これでも本なのかと子ども心にあきれた。

そんな父とまともに話したのは、大学の専門を決めるときだった。教養課程で取得した点数にしたがって3年次の進学先が決まる、という乱暴な制度があった(今でもある)。サークルを4つも掛け持ちし、留年までして人より1年余分に遊び呆けていた私には、後の祭りだった。

父とは正反対に数学で零点を取り、消去法につぐ消去法で辛うじて地学科に決まった。何が面白いのか全く知らない学科だった。そんな私に父は言った。「学校で落ちこぼれた生徒は世間に出たら10倍楽しい」。

この続きをみるには

この続き: 415文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
29
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。