文藝春秋digital

コロナ猛威「壮大な実験」規制解除は成功したか デヴィ・シュリダール(英政府アドバイザー)
+5

コロナ猛威「壮大な実験」規制解除は成功したか デヴィ・シュリダール(英政府アドバイザー)

ジョンソン首相は乱暴に見えて実は自信あり。/文・デヴィ・シュリダール(英政府アドバイザー)、取材・構成=近藤奈香(ジャーナリスト) シュリダール氏 コロナを巡る英国政府の規制撤廃 デルタ株が蔓延する中で、英国に注目する理由は3つある。 1つは、65歳以上の約95%、若年層でも7割という高い接種率を誇る点。2つ目はデルタ株の流行を他国に先んじて経験したこと。3点目が、7月19日にコロナにかかわる法的規制の全面解除に踏み切ったことである。 英政府の非常時科学諮問委員会(S

スキ
7
【イベントレポート】第6回文藝春秋CMO Lounge
2022年4月「改正個人情報保護法」に向けた課題と対策
ポストクッキー時代のデータドリブンマーケティング
+9

【イベントレポート】第6回文藝春秋CMO Lounge 2022年4月「改正個人情報保護法」に向けた課題と対策 ポストクッキー時代のデータドリブンマーケティング

デジタルテクノロジーの進化により、企業と顧客のコミュニケーションの形は大きく変化した。データ分析に基づくマーケティングの高度化・効率化、顧客の声なき声を起点としたサービスの改善、顧客一人一人と向き合ったブランディングなど、新たな価値創出の機会として「デジタルデータ」の活用は不可欠となっている。 一方で、「個人情報の取得」に関する世界的な規制の動きや、2022年4月より施行を控えている「改正個人情報保護法」など、活用と規制の間で課題の整理と対策が求められている。特に「3rd

スキ
4
「半沢直樹には感謝してます」半沢淳一(三菱UFJ銀行頭取)
+6

「半沢直樹には感謝してます」半沢淳一(三菱UFJ銀行頭取)

リアル半沢頭取はどんな「倍返し」を目指すのか?/文・半沢淳一(三菱UFJ銀行頭取) 半沢氏 『半沢直樹』が親しくなるきっかけに正直、自分が頭取に指名されるまで、そんなことになるとは意識したことはありませんでした。ところが昨年暮れ、急にそういう話になった。妻には「そういうことになるかもしれない」と伝えていましたが、大学生の息子たちには話していませんでしたから、報道が出た時には、彼らからLINEメッセージで「マジ?」と来た(笑)。その時は「帰ったら話す」とだけ返信しておきまし

スキ
18
岸田文雄インタビュー「菅さんには絶対勝つ」聞き手・篠原文也
+7

岸田文雄インタビュー「菅さんには絶対勝つ」聞き手・篠原文也

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
12
「日本人よ、これがデルタ株の正体だ」A・ファウチ(米大統領首席医療顧問)
+5

「日本人よ、これがデルタ株の正体だ」A・ファウチ(米大統領首席医療顧問)

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
12
菅義偉首相「最後のインタビュー」聞き手・船橋洋一
+9

菅義偉首相「最後のインタビュー」聞き手・船橋洋一

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
18
『文藝春秋digital』2021年9月ラインナップ

『文藝春秋digital』2021年9月ラインナップ

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
5
文藝春秋カンファレンス「宇津木妙子さんと考えるセミナー チームワークで終活を! ひとりで悩まず、これからを生き生きと」
+1

文藝春秋カンファレンス「宇津木妙子さんと考えるセミナー チームワークで終活を! ひとりで悩まず、これからを生き生きと」

長寿時代を迎え、終活に興味を持つ方が増えています。けれど、「何から始めたらいいの?」と悩むことも。今回は、ご自身でも終活をされている宇津木妙子さんと、もしもの際の手続きと対策の専門家である木村繁さんをお招きし、皆さまのご質問にお答えしながら、これからの人生を楽しむための終活を考えます。 ♦講演のご案内特別トークショー 「チームワークで終活を!」 【ゲスト】宇津木妙子さん 女子ソフトボール元日本代表監督 木村繁さん 一般社団法人安心サポート代表理事 若松広明さん 三井住

スキ
3
【イベントレポート】文藝春秋カンファレンス「タレントマネジメント大全」
~成長機会創出、失敗の許容、属人化の撤廃、健康経営、組織・意識改革、人材育成の最適解~
+12

【イベントレポート】文藝春秋カンファレンス「タレントマネジメント大全」 ~成長機会創出、失敗の許容、属人化の撤廃、健康経営、組織・意識改革、人材育成の最適解~

文藝春秋カンファレンス「『タレントマネジメント大全』~成長機会創出、失敗の許容、属人化の撤廃、健康経営、組織・意識改革、人材育成の最適解~」が8月2日(月)、オンラインで開催された。 コロナ禍でリモートワーク、非対面化が進む中で、優れた人材を集めて育成し、モチベーションを高め、組織パフォーマンスを最大化するために何が必要なのか――。HRのほか、脳科学、生物学、マーケティングの識者の視点から考察が行われた。 特別講演① 「失敗を楽しむ脳」~人材と自己の育成を脳から考える~

スキ
6
8/25 13:00~|文藝春秋カンファレンス
「タイムパフォーマンス経営」 
~ 「時間」の質を最大化する「仕事のための仕事」からの脱却 ~ オンライン開催
+6

8/25 13:00~|文藝春秋カンファレンス 「タイムパフォーマンス経営」  ~ 「時間」の質を最大化する「仕事のための仕事」からの脱却 ~ オンライン開催

♦イベントのポイント「Time is Money」 by ベンジャミン・フランクリン 長時間労働の是正、新型コロナウイルスの流行によるテレワークの推進、非対面による営業活動・進捗管理など、企業は環境の変化に適応した「働き方改革」「生産性向上」「コミュニケーション改善」が求められています。 緊急事態宣言が発出された昨春以降、多くの企業がテレワークを導入した一方で、日本生産性本部が2021年4月に実施をした調査では、約8割の企業において、「セキュリティー面での課題」や「人と

スキ
5