文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。

    マガジン

    • 文藝春秋digital

      一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスです。

    • #みんなの文藝春秋

      「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云ってみたい」。「文藝春秋」を創刊した理由として、作家・菊池寛はこう言いました。つまり、「文藝春秋」とはクリエイターによるクリエイターのための雑誌だったのです。その精神を引き継ぎ、noteクリエイターによるnoteクリエイターのためのマガジンをここに作りました。「#みんなの文藝春秋」でどしどし記事をお書きください。記事の感想でも、コラムでも、小説でも、「文章」であれば、なんでもあり。編集部がピックアップしてこちらにまとめます!

    • 三人の卓子 「文藝春秋」読者の感想文

      創刊100周年の雑誌『文藝春秋』での名物コーナー「三人の卓子」。読者の皆様からの記事への感想を募集・掲載しています。メールやお手紙で以下までお送り下さい。 規定 600字以内 住所・氏名・年齢・生年月日(西暦)・メールアドレス・職業明記 次号の締切りは20日 掲載の方には記念品をお贈りします。 宛先 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋編集部「三人の卓子」係 ※電子メールでのご投稿の場合、添付ファイルはお避け下さい。 アドレス mbunshun@bunshun.co.jp

    • 文藝春秋digitalオリジナル無料連載

      “文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷太、麻生幾の各氏が交代で執筆します。

    • 2021年の論点100

      【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で混迷を極める世界を読み解く100本の優れた論考をお届けします。50日後にマガジンが完成します。

    リンク

    最近の記事

    • 固定された記事

    【フル動画】斎藤幸平×成田悠輔「日本はゲームのルールを変えられるか?」

    ◆マルクスとアルゴリズム、希望はどちらにあるのか 文藝春秋digitalは、11月27日(日)19時より、『人新世の「資本論」』著者であり東京大学准教授の斎藤幸平さんと、『22世紀の民主主義』の著者でイェール大学助教授の成田悠輔さんをお迎えして、オンライン対談イベント「日本はゲームのルールを変えられるのか?」を開催しました。 《対談フル動画は本ページ下部にあります》  斎藤さんと成田さんは『文藝春秋オピニオン 2023年の論点100』で初対談を行いました(11月7日発売

    スキ
    152
      • 昆布と松茸を炊いた兵庫の味の芸術品、有明海産海苔が美しい漆黒スイーツ……|目耳口

        昆布と松茸を炊いた兵庫の味の芸術品北海道羅臼産の天然昆布と大きく切られた松茸が入った、丹波屋が誇る贅沢な佃煮。まろやかな丸大豆醬油や灘の清酒など選りすぐりの調味料と手間を惜しまない伝統の手作り製法が、肉厚で味わい深い昆布と松茸の旨みを生かしている。ご飯に合う最高のご馳走として、食通の方へのギフトにもぜひ。 食事を美味しくする新発想のカトラリー鉱物由来の素材、ジルコニアで出来た注目のカトラリー。金属製特有の金属臭さが無く、料理の味を損なわないのがなんといっても魅力。また、サフ

        スキ
        13
        • 同級生交歓 広島大学附属高等学校 昭和56年卒

          (右から) 内閣官房新型コロナウイルス等感染症対策推進室長 迫井正深 環境省前地球環境審議官 正田寛 キリンホールディングス常務執行役員 坪井純子 一橋大学経済研究所教授 渡部敏明 ジェイアール東日本企画代表取締役社長 赤石良治41年前、広島を離れ大志を抱いて降り立った懐かしの東京駅にて同級生交歓。 首相動静に頻繁に名を記す迫井は、生徒会長や応援団員を務めるなど往時からリーダー的存在。医学部に進学し憧れの外科医になるも、「志の貫徹には現場と制度の両輪が必要」と行政に身を投じ

          スキ
          12
          • 同級生交歓 福岡県立修猷館高等学校 昭和47年卒

            (右から) ふくおかフィナンシャルグループ・福岡銀行代表取締役会長 柴戸隆成 太宰府天満宮最高顧問 西高辻信良 福岡商工会議所会頭・西日本シティ銀行代表取締役会長 谷川浩道我々3人は昭和47年に修猷館を卒業した。谷川と西高辻は福岡教育大学附属福岡中学校、西高辻と柴戸は慶應義塾大学でも学び舎を共にした。そして現在、3人は同じ福岡ロータリー倶楽部に所属して定期的に顔を合わせており、半世紀を越える長い付き合いとなっている。当時の修猷館は、「不羈独立、自由闊達」な校風に包まれ、高校生

            スキ
            6

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 文藝春秋digital
            文藝春秋digital
            ¥900 / 月
          • #みんなの文藝春秋
            文藝春秋digital
          • 三人の卓子 「文藝春秋」読者の感想文
            文藝春秋digital
          • 文藝春秋digitalオリジナル無料連載
            文藝春秋digital
          • 2021年の論点100
            文藝春秋digital
            ¥1,400

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「愛される贈り物」名品探訪14

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            スキ
            15

            山﨑修平「蛎殻町を過ぎたあたりの」 詩

            蛎殻町を過ぎたあたりの路地裏をどうして知っていたのだ 私たちはおそらくこれは最初であり 最後でもあることを分かっていた 隅田川の水面のわずかな揺らぎ、風はまもなく止みそうだ 流れに身を任せて噛み砕かれて溶けてゆくのだろう 不細工な高層ビル、下のバルにはにんげんが集う あの赤ワインのあの渋みのことを知っていたとして けれど紛れもない、これが私たちの姿 築地のはずれにバスは着いたようだ もちろん、晴海通りを尾張町へ、明るい光が見えるから

            スキ
            14

            堀田季何「夜色」 俳句

            夜な夜な羽振く老蝶や脳の奥 文藝のをかしみさんま少し焦げ 春秋のごとき藻塩や月の桌 水澄むや音たつるもの淘汰して 無言の列を追つてゆく猫や秋 毒りんごひと口かじる母のため 通信機たち話し合ふ街夜寒

            スキ
            16

            染野太朗「恋は静止画」 短歌

            渡るとき生きもののよう歩道橋すこし震えているのがわかる もう晴れてきた西のほう この秋もきみは筋トレしてるだろうか 下倉楽器(シモクラ)にしばし見上げつ秋光(しゅうこう)をはじいて白きテレキャスターを きみでなくぼくを信じていなかった ELLEGARDEN〈虹〉の爆音 コーヒーの湯気たちまちにほどけゆくスタバの隅のカウンター席 筋トレをきみに教わりいちねんで一〇キロ増えたぼくのからだは 落日にまなこ焼かれてつむれどもなおも焼かれて 恋は静止画

            スキ
            7

            佐藤健太郎 コロナ禍後もマスクを着けたい人の割合は? 数字の科学

            コロナ禍後もマスクを着けたい人の割合 54%10月9日、F1日本グランプリを岸田首相がノーマスクで視察したことが話題を呼んだ。インバウンド再開に向け、諸外国並みに脱マスクを図りたいというのが政府の本音なのだろう。また20日の国会では、猪瀬直樹氏が「同調圧力からの脱却」を訴えてマスクを外して質問しようとし、制止される場面もあった。 この同調圧力とは、結局のところ何なのだろう。『「空気」の研究』(山本七平著)には、「臨在感」という言葉が登場する。日本人は、ただの物質でしかないも

            スキ
            4

            おふくろ 常見陽平「高い壁」

            「お前の発言は軽薄すぎる。もっと考えてから物を言いなさい」 毎月1回くらい、母からLINEで批判が届く。私のメディアでの発言や、SNS投稿を見て、だ。思えば48年間、「軽い」「浅い」「勉強が足りない」こんな言葉を浴びせ続けられてきた。その度に私は奮起する。北海学園大学名誉教授でありケルト人の研究を続ける歴史学者常見信代先生、つまり私の母は幼少期から、高い壁として私の目の前に存在している。指導教員と教え子のような親子関係だ。知識人として勝てる気がしない。 院生時代に学生結婚

            スキ
            20

            オヤジ 御厨貴「オヤジの日曜話」

            いいオヤジだった。もう亡くなって30年がたつ。それでも時折、私が小さい頃から中学高校時代のことを思い出す時、必ずオヤジがいる。やさしかった。オヤジの父がすぐ怒る怖い人だったらしい。それが嫌でねと言うオヤジは、一人っ子である私に、常に寄り添ってくれていた。オフクロが厳しかっただけに、オヤジの存在は忘れ難い。 でもサラリーマンで、ライオンという会社の営業マンだったオヤジは、東北地方の営業や九州地方のそれで、平日はほとんど家に帰ってこなかった。日曜の朝だけは寝坊していたので、必ず

            スキ
            11

            翔猿 猿のように速く、ゴリラのように強く 大相撲新風録22 佐藤祥子

            先の9月秋場所で横綱照ノ富士から初金星を挙げ、10勝5敗の好成績で、初の殊勲賞を受賞した翔猿。師匠は元大翔山の追手風親方で、所属力士たちには「翔」の字を付けることが多い。新十両昇進時に名乗ったこの四股名は、申年生まれでもあり、「自分は軽量で猿のような動きをしているから」と自ら考案したのだという。 来場所は新三役として土俵に上がり、「まずは三役定着を目標にしたい。関脇を目指します!」と意気込んでいる。174センチ134キロの体はけして大きくはないが、まさに猿のように動き回って

            スキ
            5

            第70回菊池寛賞発表

            ▶宮部みゆきデビューから35年、社会性を持つ現代ミステリーから、時代小説、ファンタジー、SF、ホラーまで数々の優れたエンタテインメント小説を発表。物語の力によって、老若男女問わず多くの人を読書にいざなう ▶三谷幸喜大学在学中に劇団「東京サンシャインボーイズ」を旗揚げ、以来40年にわたり、コメディから「鎌倉殿の13人」などのシリアスな歴史劇まで舞台、テレビドラマ、映画のすべてで優れた作品を生み出し続けている ▶信濃毎日新聞社「五色(いつついろ)のメビウス」取材班コロナ禍の地

            スキ
            11

            第84回文藝春秋読者賞 応募規定

            ご応募いただいた方から抽選で30名に1万円を贈呈、100名に図書カード3000円分を進呈します。 【応募方法】下の2022年総目次(1〜11月号)と、当12月号の各記事・連載の中から、もっとも面白かったもの、感銘深かったもの一篇をお選びください。 ハガキのアンケートにお選びの記事をご記入の上、ご投函下さい。 【締切】2022年11月25日(金)必着 ※アンケートにご記入いただいたお名前、ご住所などの連絡先は抽選結果の発表及び景品の発送、ならびに小社刊行物等のご案内に使

            スキ
            11

            飯間浩明 【す】「座り込み」を辞書が「定義」するわけじゃない 日本語探偵76

            沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前。〈新基地断念まで座り込み抗議 不屈3011日〉という看板の場所に誰もいなかったとして、抗議日数の表示を〈0日にした方がよくない?〉とツイッターに投稿したのは、インフルエンサーの西村博之さんでした。10月3日のことです。 これに対し、「座り込みは工事車両が来る時間帯に行っている」との反論がありました。西村さんは、「座り込み」は〈その場に座り込んで動かないこと〉であり、〈知らない間に辞書の意味変わりました?〉と、この行動は「

            スキ
            10

            伊藤之雄 なぜ山県有朋は「悪役」となったか 巻頭随筆

            安倍晋三元首相の国葬で、菅義偉前首相は弔辞の中で、安倍氏が岡義武氏著の『山県有朋』を読んでいて、伊藤博文が暗殺された際に追悼して詠んだ和歌のところのページの端を折ってあったことに触れた。私はテレビを見ていて驚いた。安倍氏は世襲議員で初当選以来華やかな道を歩いたので、山県・伊藤の二人であえて言うなら、44歳で初代首相となった伊藤と自己同一化すると思ったからである。 山県は近代日本の「悪役」として語られることが多い。その理由として挙げられるのは、一つは山県の奇兵隊時代の部下で御

            スキ
            13