文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。
    • 文藝春秋digital

      一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスです。

    • 文藝春秋digitalオリジナル無料連載

      “文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷太、麻生幾の各氏が交代で執筆します。

    • #みんなの文藝春秋

      「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云ってみたい」。「文藝春秋」を創刊した理由として、作家・菊池寛はこう言いました。つまり、「文藝春秋」とはクリエイターによるクリエイターのための雑誌だったのです。その精神を引き継ぎ、noteクリエイターによるnoteクリエイターのためのマガジンをここに作りました。「#みんなの文藝春秋」でどしどし記事をお書きください。記事の感想でも、コラムでも、小説でも、「文章」であれば、なんでもあり。編集部がピックアップしてこちらにまとめます!

    • 三人の卓子 「文藝春秋」読者の感想文

      創刊100周年の雑誌『文藝春秋』での名物コーナー「三人の卓子」。読者の皆様からの記事への感想を募集・掲載しています。メールやお手紙で以下までお送り下さい。 規定 600字以内 住所・氏名・年齢・生年月日(西暦)・メールアドレス・職業明記 次号の締切りは20日 掲載の方には記念品をお贈りします。 宛先 〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋編集部「三人の卓子」係 ※電子メールでのご投稿の場合、添付ファイルはお避け下さい。 アドレス mbunshun@bunshun.co.jp

    • 2021年の論点100

      【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で混迷を極める世界を読み解く100本の優れた論考をお届けします。50日後にマガジンが完成します。

固定された記事

【7月8日(金)19時~】成田悠輔×先崎彰容 「『22世紀の民主主義』に希望はあるか」

◆機能不全に陥った「民主主義」 文藝春秋digitalは、7月8日(火)19時〜、経済学者の成田悠輔さんと、批評家の先崎彰容さんによるオンライン対談イベント「『22世紀の民主…

佐田の海 大相撲新風録17 充実のベテランが優勝争いの大健闘 佐藤祥子

佐田の海(さだのうみ、熊本市出身、境川部屋、35歳) 充実のベテランが優勝争いの大健闘35歳の佐田の海が、夏場所の土俵をじわじわと盛り上げた。西前頭十二枚目で迎え…

同級生交歓 同志社高等学校 平成2年卒

京都府京都市 同志社中学校・高等学校のグレイス・チャペルにて (撮影・杉山秀樹) (右から) 作家・上智大学教授・弁護士 赤神諒(本名:越智敏裕) 作家・看護師 …

同級生交歓 暁星中学校 平成7年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 神奈川県横浜市 神奈川近…

同級生交歓 立教英国学院 第3期生

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。 東京都港区 政策研究大学…

新生 パリのリッツ 老舗ホテルが生まれ変わるとき

パリに来たら、金が無いのでない限り、リッツに泊まるべき——。文豪ヘミングウェイにそう言わしめたホテルが重厚な扉を開き、新たな歴史を刻み始めている。/文=加納雪乃…