文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスです。

農水省YouTuber 野田広宣

文・野田広宣(農林水産省輸出・国際局) 「YouTuberになる職員募集!」というお知らせが農水省の職員ポータルサイトに掲載されたのは、2019年、自分が入省2年目の秋のこ…

象徴天皇制の「聖」と「俗」 保阪正康

小室さん騒動は「開かれた皇室」の宿命なのか。/文・保阪正康 (ノンフィクション作家) 保阪氏 「天皇制の崩壊」の危機感先月26日に秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さ…

12/16(木)10:00~|Numberビジネスカンファレンス(参加費無料/オンライン開催)≪ 最強の「チーム」を創る、最高の「パフォー…

「One for All, All for One」「若い力はジャイアンツの宝」「勝つチームには勝ちグセがついている」「言葉の力がチームを変える」……。 スポーツにはチームマネジメント…

枝野話法はなぜ響かないのか 岡田憲治

文・岡田憲治  (専修大学教授) 今年の3月末、私は3年務めてきた小学校のPTA会長を退任したが、その際に混乱が生じた。 PTAに問題が山積していることは、多少なりとも…

最新版「宇宙の歩き方」 特集2021年宇宙の旅 林公代

費用や食事、おすすめプランまで——第一人者が語る“夢の旅行”A to Z。/文・林公代 (宇宙ライター) 「想像できる限り最も深遠な体験」白地に黒い羽の模様の入った機…

〈テキスト版〉田原総一朗×辻田真佐憲 対談「自民党“大宏池会”の逆襲がはじまる!? 日本の派閥政治はいつまで続くのか」

 11月2日、ジャーナリストの田原総一朗さんと評論家の辻田真佐憲さんによる文藝春秋digitalウェビナーでの対談「自民党“大宏池会”の逆襲がはじまる!? 日本の派閥政治は…

藤原正彦 日本の通信簿 古風堂々31

文・藤原正彦(作家・数学者) 毎年、ノーベル賞の発表される10月は、通信簿をもらう生徒の気分になる。日本の学問水準の評価が下されるように感ずるのである。今年は真鍋…

「日本沈没」小松左京の遺言 太田啓之

SF界の巨匠が描いた「憂国の魂」は、現在も受け継がれている。/文・太田啓之(朝日新聞記者) 高度成長の終焉を予言生誕90年、没後10年を迎えたSF作家・小松左京が今なお…

西川美和 ハコウマに乗って⑩ もしもしわたし

もしもしわたし夜更けにふと、用もなく人に電話をできますか。気がつけばそんな習慣を忘れていた。前触れもなく相手の時間に飛び入りすることに不躾さを抱くようになったの…

落合博満への緊張感 鈴木忠平

文・鈴木忠平(ノンフィクションライター) なぜ、落合博満という人物を描こうと思ったのか? 拙著『嫌われた監督』が刊行されて以降、人からこう問われることがある。 …

最新の記事

固定された記事

『文藝春秋digital』2021年11月ラインナップ

■会員限定イベント【11月24日(水)19時~オンライン対談】 宮台真司×先崎彰容「“劣化社会”日本に処方箋はないのか?」 ■文藝春秋digitalの配信予定記事(2021年12月…

農水省YouTuber 野田広宣

文・野田広宣(農林水産省輸出・国際局) 「YouTuberになる職員募集!」というお知らせが農水省の職員ポータルサイトに掲載されたのは、2019年、自分が入省2年目の秋のこ…

+7

象徴天皇制の「聖」と「俗」 保阪正康

小室さん騒動は「開かれた皇室」の宿命なのか。/文・保阪正康 (ノンフィクション作家) 保阪氏 「天皇制の崩壊」の危機感先月26日に秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さ…

+3

12/16(木)10:00~|Numberビジネスカンファレンス(参加費無料/オンライン開催)≪ 最強の「チーム」を創る、最高の「パフォー…

「One for All, All for One」「若い力はジャイアンツの宝」「勝つチームには勝ちグセがついている」「言葉の力がチームを変える」……。 スポーツにはチームマネジメント…

枝野話法はなぜ響かないのか 岡田憲治

文・岡田憲治  (専修大学教授) 今年の3月末、私は3年務めてきた小学校のPTA会長を退任したが、その際に混乱が生じた。 PTAに問題が山積していることは、多少なりとも…

+4

最新版「宇宙の歩き方」 特集2021年宇宙の旅 林公代

費用や食事、おすすめプランまで——第一人者が語る“夢の旅行”A to Z。/文・林公代 (宇宙ライター) 「想像できる限り最も深遠な体験」白地に黒い羽の模様の入った機…