スターは楽し デボラ・カー|芝山幹郎
見出し画像

スターは楽し デボラ・カー|芝山幹郎

スターは楽し(デボラ・カー)Ronald Grant Archive_Mary Evans_共同通信イメージズ

デボラ・カー
©Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ

退屈さを勝負技に変える

若いころ、私はデボラ・カーを冷たい眼で見ていた。最初に見たのが、『悲しみよこんにちは』(1958)だったことも一因だろうか。美貌の誉れ高い女優だが、このときは相手役が(というか、敵役が)ジーン・セバーグだった。

これはちょっと分が悪い。この映画の少しあとに『勝手にしやがれ』(1960)に主演したことからもわかるとおり、当時のセバーグは「とんがった」若手女優の先頭に立っていた。

映画の舞台はフレンチ・リヴィエラの保養地だ。妻に先立たれた裕福な遊び人の中年男レイモン(デヴィッド・ニーヴン)が、娘セシール(セバーグ)と別荘で夏の休暇を過ごしている。父の火遊び相手エルザ(ミレーヌ・ドモンジョ)も一緒だ。そこへ、亡妻の友人だったアンヌ(カー)が訪ねてくる。レイモンは、アンヌを後妻に迎えそうな気配だ。セシールはエルザを味方に引き入れ、アンヌを追い出そうとする。

こうなると、観客の心情はどうしてもセバーグ寄りになる。生意気で、おしゃれで、小悪魔的に狡猾なセバーグと、堅苦しくて融通が利かず、どこか道学者的な気配を漂わせる中年のカー。10代の私も例に漏れず、セバーグ側に立って映画を見た記憶がある。なのに……。

デボラ・カーは1921年、スコットランドのグラスゴーに生まれた。同世代の女優には、シド・チャリシーやジェーン・ラッセルがいる。初期の代表作は『老兵は死なず』(1943)や『黒水仙』(1947)だが、パウエル&プレスバーガー監督と初コンビを組んだ『老兵は死なず』が味わい深い。

この映画のカーは、ひとり3役を演じている。話の背骨は、英国軍人クライヴとドイツ軍将校テオの長い年月にわたる友情だ。カーは、ボーア戦争のあとには家庭教師イーディス、第1次大戦中には看護師のバーバラ、そして第2次大戦中には軍の運転手ジョニーを演じる。

なかでも印象的なのは、イーディスの役柄だろう。彼女はクライヴに思いを寄せられながら、その親友テオと結婚する。いわばある種の「宿命の女」だが、クライヴはイーディスの面影を追い求めつづけ、バーバラを妻に迎える。イーディスもバーバラも、ともに早逝する。

この続きをみるには

この続き: 1,342文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。