フラットに、淡々と 為末大
見出し画像

フラットに、淡々と 為末大

著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、為末大さん(為末大学学長・元陸上選手)です。

フラットに、淡々と

「これをしなさい」「あれをしなさい」と細かく指示するタイプではありませんでした。教育方針がなかったんだと思います。一つだけ言うとすれば、「なにか運動はしてほしい」くらい。

母は僕のすることを、いつも黙って見守ってくれていました。僕の人生の岐路において、アドバイスすることもなければ、応援することもなかった。高校・大学の進路は相談しませんでしたし、会社を辞めるのも事後報告でした。

そのように自由に育てられましたが、1度注意されたことがあります。

小学生の時のこと。当時は陸上をやっていましたが、地元の野球クラブにスカウトされ、1度だけ野球の試合に出たことがありました。足が速かったので、盗塁を任されたんです。結果的にいろいろと使い勝手がよかったようで、クラブの監督が喜んでしまった。「陸上の練習があるなら、今度から試合だけでもいいから出てくれ。レギュラー扱いにする」と頼まれてしまいました。

この続きをみるには

この続き: 524文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。