文藝春秋digital
大相撲新風録 琴ノ若|佐藤祥子
見出し画像

大相撲新風録 琴ノ若|佐藤祥子

文藝春秋digital

大相撲新風録_琴ノ若

琴ノ若ことのわか、千葉県松戸市出身、佐渡ヶ嶽部屋、23歳

親子3代、相撲の申し子がみる夢

祖父は元横綱の琴櫻、元関脇の琴ノ若を父に持つ期待の新鋭が、2代目琴ノ若だ。父譲りの懐の深さと、188センチ165キロの恵まれた体躯を持つ琴ノ若は、角界きってのサラブレッドとして、その将来が嘱望されているひとりだ。

先の秋場所は自身最高位の前頭三枚目まで番付を上げ、上位陣に初挑戦する場所となった。膝をケガして10日目から無念の休場となるも、7日目の新横綱・照ノ富士との結びの一番では、一瞬、横綱をヒヤリとさせる大健闘で国技館を沸かせた。続く8日目の正代戦では、大関を上手投げで土俵下まで投げ捨てての“初銀星”だ。「小細工は通じないので思い切り行きました」と挑戦者の若者らしく、その大器ぶりを見せつけた。

頭からぶちかます姿を、かつては“猛牛”に例えられた琴櫻。祖父が率いる、先代佐渡ヶ嶽部屋に生まれた琴ノ若は、幼少の頃から毎朝、祖父の膝に乗って稽古を見るのが日課だったという。4歳になるとまわしを付け、祖父を相手に稽古を始め、若い力士と同様に下駄を履いて幼稚園に通う。

この続きをみるには

この続き: 456文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。