インバウンド特需から危機に コロナ後に訪日客は戻るのか|竹内亮
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

インバウンド特需から危機に コロナ後に訪日客は戻るのか|竹内亮

インバウンド特需に沸いていた大阪の黒門市場は、外国人観光客の激減で危機に瀕しているという。中国でオウンドメディア企業を立ち上げ、代表作「好久不見、武漢(お久しぶりです、武漢)」や、#我住在这里的理由 (私がここに住む理由)の制作・配信などで知られる竹内亮さんが現在の思いを綴る。(文・竹内亮/ドキュメンタリー映画監督)

【選んだニュース】「大阪・黒門の『反省』から学ぶコロナ後の訪日客政策」(4月4日、毎日新聞/筆者=小坂剛志)

「大阪・黒門の『反省』から学ぶコロナ後の訪日客政策」に書かれた黒門市場は、まるでゴーストタウンだ。ここ数年インバウンド特需に沸いていたが、外国人観光客の激減で危機に瀕しているという。

【差し替え】旬選ジャーナル1(竹内亮)顔写真

竹内亮さん

 私は現在中国に住んでおり、1年以上日本に帰っていないため、コロナ禍の日本がどうなっているのか自分の目で見たことはない。ただ、外国人観光客の大多数を占める中国人が今、日本に遊びに行くことができず辛い気持ちは痛いほどよく分かる。なぜなら私も日本に帰りたくても帰れないからだ(計1カ月以上隔離生活をする時間的な余裕がないため)。

 2019年の訪日外国人の旅行消費額は4兆8135億円。国別では中国がダントツ1位で1兆7000億円だった。中国人は日本旅行が大好きだ。日本食、桜、富士山、アニメ、京都、薬局、スキーなど、様々な楽しみを見つけては繰り返し日本にやってくる。中国の友人らは、アイドルのコンサートに行くため、桜を見るためだけに日本へ旅行していた。

この続きをみるには

この続き: 1,100文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。