印象的な父の姿|小島よしお
見出し画像

印象的な父の姿|小島よしお

著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、小島よしお(お笑いタレント)です。

印象的な父の姿

久しぶりに実家に帰って当時の父の選挙ポスターを見て驚いた。

父はまだ35歳だった。今の自分の5つも下。ポスターの父の満面の笑み。

そういえば、思い出す父の顔はいつも笑っている気がする。

父は国会議員選挙に計6回立候補しているが全て落選している。言葉にするとあっけないけど毎回相当な労力があったと思う。母が僕を里帰り出産(久米島)したのも選挙運動が忙しい影響だ。ストレスからか父の眉毛は抜け円形脱毛症にもなっていた。

それでも父は笑っていた。

中国から謎の液体(毛生え薬)を取り寄せ硬いブラシで患部をゲーム感覚でポンポン僕に叩かせてみせたり眉毛を自分で足しながら「その辺の女子高生より描くの上手いぞ俺は」と鏡の前で戯(おど)けていたりした。

そのあと政界からは身を引いて語学学校の校長を20年近く。校長といえば聞こえはいいが社員は1人の零細企業。調子は泣かず飛ばずで来年こそは軌道に乗ると毎年言っているがまだのっていない。

それでも父は笑っていた。

この続きをみるには

この続き: 443文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。