見出し画像

大宅文庫の教え|阿川佐和子

文・阿川佐和子(エッセイスト・作家)

画像1

阿川氏

大宅壮一文庫というものを、一般の方々はどれほど認識しているだろうか。メディアで仕事をする者にとってなくてはならぬ存在であるけれど、たとえば普通の大学生が「よし、大宅文庫に行って調べものをしよう」と発想することはまずあるまい。わからないことがあれば即座にスマホを持ち出し何でも解明できる時代である。ネット情報がどれほど当てになるかは別として、とりあえずの知識と情報は手軽に入手できるのだ。

そういう時代であることを批判するつもりはない。それどころか、私も仕事プライベートにかかわらず、ネット情報に依存する日々である。

冷蔵庫に茄子が残っている。さて、この茄子で何を作ろうか。そう思うとすぐにスマホを手に取る。「茄子」と入力すればただちに「茄子レシピ」がこれでもかと思うほど出てくる。いちいち料理本をめくる必要はない。本屋や国会図書館に走る労力も省ける。なんと便利なことでしょう。ま、茄子のレシピを求めて国会図書館に行くことはないと思うけれど。

大宅壮一文庫は昭和46年(1971)、前年に亡くなった大宅壮一氏の膨大なる雑誌蔵書と、氏が編み出した「大宅式分類法」という独特の資料検索システムを、広く世の中の人々にも利用してもらいたいという主旨により、東京世田谷の八幡山に設立された。

その後しばらくは利用者数の少ない時代が続き、静々と運営していたのだが、1974年に立花隆氏が、「大宅文庫なしには『田中角栄研究』をはじめとする私の幾つかの仕事はほとんど不可能だったろう」と発言したことでたちまち注目を浴びるようになる。新聞雑誌業界のみならず放送界からも閲覧の希望が殺到し、とうとうファクシミリ資料送信サービスを開始するに至る。

この続きをみるには

この続き: 968文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
16
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。