見出し画像

桜美林大学の長期ビジョン|「Unique & Sharp」に込められた“三つの戦略”

多様な学びのニーズに応える6つの「学群」を備え、充実した国際交流や留学機会に基づくグローバル人材の育成でも定評のある桜美林大学。その先駆的な教育、研究活動を支える原動力とは──。

✳︎✳︎✳︎

今年、創立100周年を迎える桜美林学園。その起源は中国・北京に建てられた小さな学校にまで遡る。キリスト教宣教師として日本から渡った清水安三が、“貧しい家庭の子どもたちが将来自立できるように”と設立した「崇貞学園」がそれだ。

清水は学園の運営が軌道に乗った後、米国オベリン・カレッジへ留学。フランスの牧師で教育者のジャン・フレデリック・オベリンの教育思想と出合い、「人々の痛みを理解し、多様な価値観に対応できる人材の育成」にいっそう力を注ぐことになる。これが、「オベリン」と学園周辺の「桜の林」を名前の由来とする桜美林大学(東京都町田市)の成り立ちだ。

学長_20200415学長ひなたやま-16

桜美林大学 学長
畑山浩昭氏

「キリスト教精神に基づく国際人の育成」を建学の精神に掲げ、学んだことを人々や社会のために役立てるという意味の「学而事人(がくじじじん)」をモットーとする桜美林大学。その将来構想について、畑山浩昭学長は次のように話す。

「社会に求められながらもまだ実現できていない研究に取り組んだり、新しい発想で複数の分野を組み合わせて価値を創造したりと、学際的な学びを実践する桜美林の土壌を活かした教養以上の学びを提示していきたい」

今後の活動の土台となる長期ビジョン"Unique & Sharp" も策定済みで、「ユニーク」、つまり唯一無二の個性的な教育、研究を推進していく構えだ。

旧校舎_崇貞学園_2

100 年前、北京の朝陽門外に建てられた崇貞学園では、民族の差別なく、中国人、日本人、韓国人それぞれを尊重した教育が行われた。「キリスト教精神に基づく国際人の育成」の原点だ。

「もう一つの『シャープ』は、個々の教育、研究活動をいかに際立たせるか、わかりやすく言えば『尖る』ことを意味しています。例えば、学群ごとに異なる留学制度を設けることで、それぞれの際立ちを強めていけるでしょう」

縦割りの学部制ではなく、隣接した分野も広く学べ、自らの「学び」を自分でデザインできる「学群制」。この採用は、常に独自の視点で課題解決や自己変革に取り組む桜美林大学の象徴的な取り組みといえる。実際、同大は日本で初めて学群制に移行した私立大学だ。

さらに今年4月には、大学院において、高度プロフェッショナル人材の養成を目的に「学位プログラム制」(※)を導入した。これも、私立大学大学院としては日本初の試みである。

「日本に大学が780校以上もある今、他大学と同じことをやっていても仕方がない」と畑山学長は言う。変化する社会の中で、“今必要なこと、求めらていること”を徹底的に追求する姿勢は、100年前も、現在も変わらないというわけだ。

「老年学」の拠点としても注目を集める

「学而事人」のモットーのとおり、社会への貢献を重視する桜美林大学。その研究活動の中で、注目されているのが「老年学」だ。高齢者を取り巻く広範な課題を学際的かつ多様な視点から研究する学問であり、桜美林大学大学院はこれを最も体系的に学べる場として知られている。さらに総合研究機構の老年学研究部門では、医療、介護、就労、栄養など多様な側面から研究を進めている。

常に先駆的な取り組みで自らを進化させてきた桜美林大学では現在、学群ごとに地域と結びついた教育・研究の拠点化を推進。大学(ユニバーシティ)全体の理念に基づきつつ、学群(カレッジ)ごとの特色に磨きをかけていく考えだ。

開学以来、リベラルアーツ教育にも力を注ぎ、複眼的な視点や柔軟な思考を重視する桜美林大学において、「今後も、変化が激しく先の見えない時代に重要な『自分で考え、自分で道を切り開いていける能力』を育てていきたい」と畑山学長は言う。一貫して社会の本質的な課題に目を向け、その解決に尽力してきた歴史あるこの大学からどのような成果が生まれるのか。これからも注目だ。

(※)学生に学位を取得させるに当たり、当該学位のレベルと分野に応じて達成すべき能力を明示し、それを修得させるように体系的に設計した教育プログラムのこと。

桜美林学園の新長期ビジョン
"Unique & Sharp"

唯一無二の個性的な教育で、変革社会をリードする人材を育成。教職員が一丸となって、学園を改変していきます。

strategy 01 迅速で柔軟な組織運営
予測不可能な時代を生き抜くために、さまざまな変化にも迅速に対応できる柔軟な体制で、持続可能な学園運営を目指します。
strategy 02 主体的で躍動感ある教育研究
自らを自由に解き放ち、ユニークな発想で超スマート社会に対応できる人材を育成。生きた学びと研究で日本をリードします。
strategy 03 多様な価値観を尊重するコミュニティ
世界から人が集まる学びの場として、世界中で、どんな時でも、学而事人の精神で活躍する人材を輩出していきます。
(お問い合わせ)
学校法人 桜美林学園 募金室
☎042-797-9374
Email : bokin@obirin.ac.jp
https://www.obirin.jp/100th/

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
5
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。