街がまるごと美術館に|福島治
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

街がまるごと美術館に|福島治

文・福島治(グラフィックデザイナー・東京工芸大学芸術学部教授)

2020年晩秋。コロナ禍の江東区で「アートパラ深川おしゃべりな芸術祭」が初めて開催されました。

芸術祭の中心は全国から公募した障がいのあるアーティストによる作品、300点の屋外展示です。9日間、街がまるごと美術館になるというあまり前例のない試みです。

私は10年にわたって障がいのあるアーティストの支援活動を行ってきました。欧米では主に正規の美術教育を受けていない人々のアートを「アール・ブリュット」「アウトサイダー・アート」と呼びます。数年前から2020年に予定されていた東京パラリンピックをきっかけに日本でもこうしたアートの魅力を発信していきたいと思っていました。欧米では大勢のファンがいてマーケットも確立していますが、日本で開催される障がいのあるアーティストの展覧会はほとんどで閑古鳥が鳴いているからです。

作品の素晴らしさには自信があります。問題は知ってもらうきっかけがないこと。美術館に足を運んでくれるのはごく一部の人なのです。

そこで、発想を変えて多くの人が集まる「街」に展示すれば、偶然の出会いを生み出し、多くの人にアートの素晴らしさを伝えられるのではと思い至りました。ただ、それにはスポンサー、行政の協力が欠かせません。私は突破口をみつけられずにいました。

しかし、2年ほど前、衆議院議員の柿沢未途さんとの出会いが実現への扉を開きました。深川で育った柿沢さんが地元の人と一緒に芸術祭をやりましょうと提案してくれたのです。私も15年ほど前から深川に自宅と事務所を構えています。二人が発起人となり、“資金ゼロ”から行動を開始すると、続々と仲間が集まりました。

ところが、地元の神社仏閣、商店街も巻き込み、いよいよ本格的に動き始めた矢先にコロナによる緊急事態宣言が発令されました。実行委員会のメンバーからは中止や延期などの声もあがりました。しかし、ここで私の夢だった「屋外展示」が大きな意味をもつことになったのです。

この続きをみるには

この続き: 917文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。