文藝春秋digital
川端康成 ノーベル賞授賞式での雄姿 岸惠子 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

川端康成 ノーベル賞授賞式での雄姿 岸惠子 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
『伊豆の踊子』『雪国』などで知られ、ノーベル文学賞を日本人として初受賞した川端康成(1899~1972)。生前に親交のあった岸惠子氏が、その知られざる姿を明かす。/文・岸惠子(女優)

岸惠子 ©中西裕人

岸さん
©中西裕人

1968年の冬たけなわのこの日、スエーデンの首都ストックホルムは雪に覆われ、キラキラ凍えてうつくしかった。飛行機のタラップを降りる私に日本の報道カメラが回った。

「スポンサーはどこですか?」「え?」。俳優という人間は、スポンサーがなければ旅行も出来ない生き物と思っているらしい。《飛行機の切符? 自分で買ったよ!》。啖呵は胸で呟いた。

「惠子さん、授賞式に来てくれますか?」

川端康成先生からパリへ電話を頂いたのは2週間ほど前。日本の作家がノーベル文学賞を受賞するのは初めてのことだった。満席ではあるけれど、厳かなしじまが満ちる会場で、男性はスモーキング、女性はローブ・デコルテ。私もこの日のために夫がプレゼントしてくれたオートクチュールのドレスを着ていた。

式場に関係者以外の日本人はたぶん私ひとりだったと思う。胸がドキドキしていた。川端先生はさぞ緊張なさっているだろうと、余計な慮りのドキドキだった。アナウンスがあって壇上に現れた川端康成先生は紋付羽織袴だった。一幅の浮世絵さながらに美しかった。日本男児ここにあり、と高鳴る胸を鎮めた私が驚いたのは先生のあまりにも何気ない様子だった。

川端康成

川端康成

この続きをみるには

この続き: 1,140文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。