夏目漱石 『道草』と夫婦関係 半藤末利子 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

夏目漱石 『道草』と夫婦関係 半藤末利子 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
時代を超えて読み継がれている国民作家、夏目漱石(1867~1916)。漱石の長女を母に、作家の松岡譲を父に持つ半藤末利子氏が、晩年の作品『道草』を軸に論じる。/文・半藤末利子(エッセイスト)

半藤末利子

半藤氏

「好きな文学作品を読んで感想文を提出せよ」。これは私の中学2年の時の夏休みの宿題である。中2ともなればさすがに漱石が私の祖父であることは知っていた。それで漱石の周辺、特に親族のことを知りたいと思い、自伝的小説と言われる『道草』を選んだ。読み始めたら面白くて、通学や食事などで中断される間が惜しかったこと。以後『道草』は私の愛読書となる。

漱石の実兄、姉、姉婿、養父母が次々と登場するが、そろいもそろって善良、純真、勤勉、素朴、清楚とはほど遠い、食わせ者達である。留学を終え将来を約束された身とは言え、まだ彼等より少しだけ給料が高いのを理由にこれらの人々は漱石から金をせしめている。折あらばもっとたかりたいと願っている連中である。

夏目漱石

夏目漱石

この続きをみるには

この続き: 456文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。