見出し画像

障害と感じるスポーツ|伊藤亜紗

文・伊藤亜紗(東京工業大学准教授)

障害は引き算ではない。たとえば目が見えない人は、目が見える人から視覚を差し引いた存在ではない。彼らは、聴覚や触覚を使って捉えられる、彼らならではの世界に生きているのだ。

道案内をしてもらうと、そのことがよく分かる。「パン屋の匂いがしたらあと30歩行ったところで右」「コンビニの自動ドアの音を確認したら、そのすぐ先の、縁石がちょっと欠けているところが建物の入り口」晴眼者が看板やランドマークを目印にして歩くところ、彼らは音印や匂い印、ときに触印をマークしながら、街を見ているのだ。

スポーツも同じである。視覚障害者の100メートル走は、目が見える人が行う100メートル走とは全く違う。サッカーが、手を使わないという制限を課すことでラグビーと全く違う競技になっているように、「見ない」という条件が加われば、それは競技として全く別のものになる。まっすぐ走るにはどうすればいいのか? 伴走者がいるなら2人で全速力で走るにはどうすればいいのか? 競い合うポイントが変わってくるのだ。

ゴールボールの選手に話を伺ったときも衝撃を受けた。たとえばフェイントのかけ方。見えていれば顔の向きや重心のかけ方で騙すところ、ゴールボールでは音を使ってフェイントをかけるのだ。ゴールボールのボールは中に鈴が入っていて、選手はその音でボールのありかを把握する。ということは、音を鳴らさないようにボールを投げれば、相手の意表をつくことができるということだ。

どうやって音を消すか? 回転である。ボールを横回転させると、中にある鈴が同じ位置にとどまって動かないので、音が鳴りにくいのだそうだ。ボールをまるで楽器のようにあやつる。見える世界のスポーツではなかなか出あうことのない発想である。

この続きをみるには

この続き: 916文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
11
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。