新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【アーカイブ動画】『未来の年表』河合雅司 特別講義「コロナ後を生きる逆転戦略」〜企業と個人が縮小ニッポンで勝つために

◆ビジネスパーソン必聴の90分!

新型コロナウイルスのパンデミックは、世界を大きく変えてしまいました。これまでの「安定」は「不安定」になり、「常識」は「非常識」に変容したのです。

コロナ後の世界でどう生きていけば良いのか。未知なる海域を羅針盤を持たず航海をしているような不安を抱いている人は多いのではないでしょうか。

しかし、約90万部のベストセラー『未来の年表』の著者であるジャーナリストの河合雅司さんは、「コロナ後を巧みに生きる術は必ずある」と説きます。特に日本においては、少子高齢化と人口減少に伴うマーケットの縮小は避けられぬ道。この2つをしっかり踏まえた戦略を立てれば、企業も個人はきっと「豊かな生活」を送ることができる——河合さんはそう語ります。

6月23日に開催する文藝春秋digitalウェビナーは、河合雅司さんによる特別講義「コロナ後を生きる逆転戦略」です。6月20日に刊行される河合さんの新刊『コロナ後を生きる逆転戦略 〜縮小ニッポンで勝つための30カ条』(文春新書)のエッセンスが詰まった90分。コロナ後のトレンドを掴み、賢く勝ち抜きたいビジネスパーソン必聴のトークイベントとなるでしょう。 

聞き手は、『超少子化』(ポプラ新書)『健康格差』(講談社現代新書)などの著書があり、大企業の若手中堅有志社員の実践コミュニティ 「ONE JAPAN」で副代表を務める神原一光さんです。 ぜひ、ご参加ください!
★ONEJAPAN

◆イベント概要

イベント名:特別講義「コロナ後を生きる逆転戦略」

出演:河合雅司(ジャーナリスト)、神原一光(ONE JAPAN副代表)

日時:6月23日(水)19時〜20時30分(予定)

料金:文藝春秋digital会員は無料(それ以外の方は900円でご参加いただけます)※本イベントはアーカイブもございます。リアルタイムでご覧になれなかった方もぜひご参加ください。

◆河合雅司 プロフィール

1963年名古屋市生まれ。産経新聞社論説委員を経て、人口減少対策総合研究所理事長。高知大学客員教授、大正大学客員教授のほか、厚労省、人事院など政府の有識者会議委員も務める。専門は人口政策、社会保障政策。中央大学卒業。2014年、ファイザー医学記事賞大賞を受賞。主な著書に『未来の年表』『未来の地図帳』『未来のドリル』(すべて講談社現代新書)などがある。

◆神原一光 プロフィール

1980年生まれ。2016年「ONE JAPAN」に参加。幹事を経て、2020年4月より副代表。「働き方意識調査」では全体統括を行っている。本業は、NHKチーフ・プロデューサー。2002年入局。番組ディレクター、チーフ・プロデューサーとして「NHKスペシャル」「おやすみ日本 眠いいね!」「平成ネット史(仮)」などの制作に関わる。著書(共著)に『超少子化』(ポプラ新書)『健康格差』(講談社現代新書)など多数。

◆アーカイブ動画

<<動画はこの下にあります>>

この続きをみるには

この続き: 68文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
6
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。