文藝春秋digital
【フル動画】成田悠輔×先崎彰容 「『22世紀の民主主義』に希望はあるか」
見出し画像

【フル動画】成田悠輔×先崎彰容 「『22世紀の民主主義』に希望はあるか」

文藝春秋digital

◆機能不全に陥った「民主主義」

文藝春秋digitalは、7月8日(火)19時〜、経済学者の成田悠輔さんと、批評家の先崎彰容さんによるオンライン対談イベント「『22世紀の民主主義』に希望はあるか」を開催しました。

《フル動画はページ下部にあります》

7月6日に、成田悠輔さんによる新刊『22世紀の民主主義』が発売されます。成田さんは「若者が選挙に行って『政治参加』したくらいでは日本は何も変わらない」と書き、同書の中で「選挙や政治、そして民主主義というゲームのルール自体をどう作り変えるか」を論じています。

世界各国で見られるポピュリストの躍進と国内の分断、民主主義国家の経済低迷など、先進各国で共有されてきた民主主義の理念への批判的な見解や疑義が一部で議論されています。PayPal(ペイパル)創業者であり、連続起業家として知られるピーター・ティールは「自由と民主主義が両立可能だとはもう信じられない」と発言し、「海上自治都市構想」を支援しながら民主主義からの脱出ともいうべき未来を模索しています。

先崎さんは著書『国家の尊厳』のなかで、「情報化とポピュリズムに翻弄される」「新しい民主主義」に警鐘を鳴らしています。戦後、あるべき共同体のかたちを見失った日本社会における民主主義はどうあるべきなのでしょうか。先崎さんは地域共同体を重視する一方で、成田さんはデータやアルゴリズムに可能性の一端を見出します。

成田さんの提唱する「無意識データ民主主義」とはどんな制度なのか、保守思想を研究し続けてきた先崎さんの目にその議論はどう映るのか――。今回が初の対面となる、お二人の議論をぜひご覧ください。

当日リアルタイムでご覧になれない方も、イベントの模様を収録した動画を配信しますので、何度でもご覧いただくことができます(※編集の都合上、動画はイベント終了後、一両日中に公開します)。動画は本記事のいちばん下(有料部分)にアップします。

◆イベント概要

イベント名:「『22世紀の民主主義』に希望はあるか」

出演:成田悠輔、先崎彰容

日時:7月8日(金)19時〜20時30分(予定)Zoomウェビナーを使用して開催します。完全オンラインイベントです。

料金:900円(文藝春秋digital定期購読内コンテンツ)※購読者の方は別途料金はかかりません。

◆成田 悠輔(なりた・ゆうすけ) プロフィール

成田さん

…夜はアメリカでイェール大学助教授、昼は日本で半熟仮想株式会社代表。専門は、データ・アルゴリズム・ポエムを使ったビジネスと公共政策の想像とデザイン。ウェブビジネスから教育・医療政策まで幅広い社会課題解決に取り組み、多くの企業や自治体と共同研究・事業を行う。混沌とした表現スタイルを求めて、報道・討論・バラエティ・お笑いなど様々なテレビ・YouTube番組の企画や出演にも関わる。東京大学卒業(最優等卒業論文に与えられる大内兵衛賞受賞)、マサチューセッツ工科大学(MIT)にてPh.D.取得。一橋大学客員准教授、スタンフォード大学客員助教授、東京大学招聘研究員、独立行政法人経済産業研究所客員研究員などを兼歴任。内閣総理大臣賞・オープンイノベーション大賞・MITテクノロジーレビューInnovators under 35・KDDI Foundation Award貢献賞など受賞。

◆先崎 彰容(せんざき・あきなか) プロフィール

先崎自画像政策センター版 (2)

…1975年東京都生まれ。東京大学文学部倫理学科卒業。東北大学大学院文学研究科日本思想史専攻博士課程単位取得修了。フランス社会科学高等研究院に留学。文学博士。日本大学危機管理学部教授。専攻は近代日本思想史・日本倫理思想史。主な著書に『高山樗牛――美とナショナリズム』(論創社)、『ナショナリズムの復権』(ちくま新書)、『違和感の正体』『バッシング論』(ともに新潮新書)、『未完の西郷隆盛――日本人はなぜ論じ続けるのか』(新潮選書)、『維新と敗戦――学びなおし近代日本思想史』(晶文社)、『吉本隆明「共同幻想論」』(NHKテキスト100分de名著)、現代語訳と解説に福澤諭吉『文明論之概略』(ビギナーズ日本の思想・角川ソフィア文庫)など。

◆問い合わせ

文藝春秋編集部
メール:mbunshun@bunshun.co.jp

◆イベント対談フル動画

《この下にフル動画があります》

この続きをみるには

この続き: 28文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。