同級生交歓|香川県立高松高等学校 平成2年卒
見出し画像

同級生交歓|香川県立高松高等学校 平成2年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。

【トメ】

東京都千代田区 衆議院議員会館小川氏事務所にて(撮影・杉山秀樹)

(右から)
政治ジャーナリスト
鮫島浩
衆議院議員
小川淳也

高松高校時代の小川淳也は絵に描いたような優等生。高3の夏まで野球部で甲子園を目指し東大に現役合格するのは、文武両道をめざす地方の公立校でも珍しい。故郷に残った同級生の明子さんと恋愛を育み、伴侶となる人生は模範生そのものだ。

神戸に生まれ思春期を高松で過ごした私は真逆の自由人。京大一本に絞っていた私に彼は「日本を変えるため一緒に東大へ行こう」と真顔で言った。

東大から自治省へ進んだ彼と京大から朝日新聞へ進んだ私が都心でばったり再会したのは30歳の頃。私の仲介で官界から野党へ転身、模範生の道を初めて逸脱した。

さりとて生粋の優等生だ。「なぜ君は総理大臣になれないのか」と言われても、どす黒い永田町に染まることはない。彼に遅れること20年、私も今春、会社を辞め独立した。天命を知る五十にして新しい一歩である。(鮫島)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。