見出し画像

コロナで増える「在宅看取り」 触覚の価値を気づかせる|伊藤亜紗

新型コロナウイルスの感染拡大によって、自宅での看取りを検討する人が増えているのは、なぜなのだろうか。『手の倫理』を上梓した美学者の伊藤亜紗さんが考える、「触覚」の価値とは。(文・伊藤亜紗/美学者、東京工業大学准教授)

【選んだニュース】コロナで増える「自宅で看取り」 病院など面会制限 “人の最期”どう迎える(9月29日、毎日新聞/
筆者=大島祥平)

旬選ジャーナル1(伊藤亜紗)顔写真

伊藤亜紗さん

 新型コロナウイルスの感染拡大以降、家族を自宅で看取る方法を検討する人が増えたという。日本看取り士会の柴田久美子会長によると、同会への相談は昨年の約4倍に増えているそうだ。

 もちろん以前から、病院ではなく自宅で最期を迎えたいと考える人は多かった。厚生労働省のアンケート調査によれば、実に7割以上がそう望んでいたという。しかし実際に実現できたのは1割ほどだった。直接的には、地域医療やホームヘルパーなど、それを支える体制が十分に整っていないことが原因だろう。

 しかし問い合わせが増えたということは、コロナによって人々の「本気度」が変わったことを示している。いちど病院に入ってしまうと、最期まで、場合によっては荼毘に付されるまで、家族と会えなくなってしまうのではないか。ステイホーム期間中にテレビが頻繁に伝えていた、スマートフォン越しの「別れ」の光景。院内感染が危惧されるなかでの苦肉の策であったとはいえ、あの光景は多くの人に「死ぬとはどういうことか」についての再考を促したに違いない。

 毎日新聞の記事「コロナで増える『自宅で看取り』」で興味深いなと思ったのは、死の再考が触覚の回復と結びついていることである。紹介されているのは、今年の6月に89歳の母を自宅で看取った愛知県内の女性のケース。彼女が行ったのは、とにかく「母の体をさする」ことだったそうだ。寝ていることが多かった母だが、体をさすってあげると気持ちよさそうにした。最期の瞬間も、触覚的な結びつきの中で訪れたという。昼すぎ、「私とめいが体をさすっている中で、静かに逝きました」。

この続きをみるには

この続き: 940文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
6
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。