文藝春秋digital
映画「ベルファスト」を見ていたら… ラクエル・ウェルチ スターは楽し|芝山幹郎
見出し画像

映画「ベルファスト」を見ていたら… ラクエル・ウェルチ スターは楽し|芝山幹郎

文藝春秋digital

スターは楽し「ラクエル・ウェルチ」

ラクエル・ウェルチ
Studiocanal Films Ltd/Mary Evans/共同通信イメージズ

明朗闊達な記念碑

『ベルファスト』(2021)を見ていたら、『恐竜100万年』(1966)の映像が眼に飛び込んできた。1969年のベルファストを黒白で描いた映画なのだが、引用部分はカラーに変わる。

映画館でそれを見た瞬間、主人公の少年が頬をゆるめる。観客も束の間ほっと息をつく。当時のベルファストでは、プロテスタント住民とカトリック住民との摩擦が激化しはじめていた。

そうか、『恐竜100万年』はあの時代の映画だったか。私も60年代に引き戻された。あれはハマー・プロが製作した英国映画で、スペインのカナリア諸島でロケ撮影が敢行されたのだった。初めて見たときは、一体どこの荒地で撮ったのだろうと首をかしげたものだ。

このとき脚光を浴びたのが、ラクエル・ウェルチだった。

人類が明瞭な言語を持っていなかった穴居時代、という設定なので、この映画の台詞数は極端に少ない。ロアナという女に扮するウェルチもほとんど喋らない。全篇を通して鹿革のビキニ姿で登場し、巨大な恐竜の脅威を逃れ、愛を求めて岩山を駆けまわる。

では、好色な男性観客の劣情を刺激するのが目的のキワモノかといえば、そうではない。むしろ正反対だ。

なにしろウェルチの立ち姿が、彫像のように立派だ。突き出た胸にも、張った頬骨にも、くびれた腰にも妙な捏造感がなく、自然が造形した記念碑に見える。明朗闊達で、堂々としている。

この続きをみるには

この続き: 1,504文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。