文藝春秋digital
手塚治虫 人間の本音を描く 萩尾望都 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

手塚治虫 人間の本音を描く 萩尾望都 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
今なお多くの作り手に影響を与え続ける“漫画の神様”手塚治虫(1928~1989)。手塚になぞらえ“少女漫画の神様”と呼ばれる萩尾望都氏が見るその凄さとは——。/文・萩尾望都(漫画家)

萩尾望都(筆者)

萩尾氏

漫画家になって数年目、ある出版社のパーティでだったと思う。手塚治虫先生に「萩尾さん、どんどん描きなさい」と声をかけていただいた。新人の作品もよく読んでいらしたのである。「はい。でも私、話を作るのが遅いんです」と答えると「え? どうして?」とあっさりと言われた。

そうか! 手塚治虫先生は話を作るのが早いのか!

手塚治虫は膨大な量の作品を描いている。月刊誌に「鉄腕アトム」や「リボンの騎士」、新聞連載、少年週刊誌に「0マン」や「どろろ」、大人週刊誌に「上を下へのジレッタ」、それから「地球を呑む」「グリンゴ」などなど。幼児向け「らびちゃん」あり「ブラック・ジャック」の1話完結のシリーズものあり。毎月の生産ページがひと頃は500枚あったという。

私の場合は32ページの作品で物語とネーム作り(画面にある程度コマ割りをしたものをいう)に5日から10日はかかる。絵に10日はかかる。描き終わると3日は疲労で伸びるので月に1本、無理に描いて精々2本だ。

ううむ! 手塚先生! なぜそんなに途切れることなくストーリーが湧き出てくるのか? しかも、何年も。

そう、手塚治虫は紛れもなく稀有なストーリーテラーなのだ。スティーヴン・キングやアイザック・アシモフのように。アイデアと設定、舞台の切り口、敵や味方、キャラの配置。短編、中編、どれもいい。特に長編は見事。勧善懲悪の設定はあまりなく、相反する2つの価値観の相剋という複雑な物語が多い。「アドルフに告ぐ」「シュマリ」「陽だまりの樹」など。手塚治虫の脳には次々とアイデアが浮かび、妄想系はフル稼働だろう。この幸福な拡散の後、物語は集結を迎える。実は物語は最後の着地が難しい。

手塚治虫

手塚治虫

四散した枝枝をまとめテーマをギューッと結びあげる。しめ縄を締め上げるように形よく。これがかなりの力業でエネルギーを使う。私も、毎回それで苦労する。拡散と収縮。手塚治虫は毎回見事に着地する。金メダルをとった内村航平のように美しく。「キャプテンKen」「新選組」「ノーマン」どれも美しいラストシーンだ。

ストーリーもすごいが、手塚治虫は漫画表現でも革新的なことをやっている。それは、画面に音楽を持ち込んだことだと思う。

この続きをみるには

この続き: 816文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。