本上まなみさんが今月買った10冊の本
見出し画像

本上まなみさんが今月買った10冊の本

非日常の世界

探検冒険。非日常の世界を、家に籠もりきりの私は足踏みするほど渇望していました。数々の探検記を上梓する椎名誠氏は大の「漂流記マニア」だそうで、今作『漂流者は何を食べていたか』では14冊を取り上げ、その魅力を綴っています。

船底を破るクジラやシャチ、嵐による高波。強烈なアクシデントに見舞われながらどうして助かるの? とまずは彼らの強運に驚き、さらにトビウオ、シイラがボートに飛びこんでくる、ウミガメが寄ってくる、海鳥が羽根を休めにくるなど、一瞬のチャンスを確実に手中に収める逞しさには感嘆するしかない。極限状態の食卓は、荒々しく原始的でありつつも、時にはクルーズ船のディナーのごとく洗練されているものもありで、極限状態でも各人の人間性にはブレがないものなんだなと、しみじみ感じ入りました。

著者の実体験も踏まえた上での情報の補足、解説が、こちらの想像力をさらにかき立てるので、すぐにでもこの本を通しで読みたい! という気持ちにさせられる。

四半世紀後の日本を舞台にしたという平野啓一郎『本心』。母親とふたりで暮らす青年は、母から尊厳死(作中は自由死と表現)を望んでいることを聞かされます。到底受け入れられないと反対するものの、心の内を語り合う機会を逸したまま母は不慮の事故で他界。深い喪失感を抱いた青年は生前の姿のVF(ヴァーチャルフィギュア)を作製し、母の本心に触れることを試みる。

物語の根底にあるのは格差社会。生活に余裕がない人たちが諦念のなかで生きる世界です。近未来の設定とはいえ、描かれていることは日々家族や友人知人、ニュースなどから得る話となんら差はなくて、心がざわつくのを止めることができませんでした。セーフティネットが上手く機能していないのは誰の目にも明らかなのに、為政者は国民を見捨て、それを隠そうともしない現実。

青年の思慮深く優しい性格、彼の良心が、この物語の希望の光でした。だから過酷な日常に耐えられるのか、どこかで崩れてしまわないかと、読みながら心配で仕方なかった。

この続きをみるには

この続き: 758文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。