文藝春秋digital
片山杜秀さんの「今月の必読書」…『白から黄色へ ヨーロッパ人の人種思想から見た「日本人」の発見』ロテム・コーネル
見出し画像

片山杜秀さんの「今月の必読書」…『白から黄色へ ヨーロッパ人の人種思想から見た「日本人」の発見』ロテム・コーネル

文藝春秋digital

肌の色はいかにして“人間の尺度”になったか

イスラエルの碩学による驚異の日本研究だ。より正確に言えば、西洋が日本人をどうイメージしたか、その変遷史である。微に入り細を穿つ。徹底ぶりに脱帽だ。

まずは書名に注目! 『白から黄色へ』。白人から黄色い日本人へのメッセージなのか。全く違う。歴史を遡れば、日本人は初め西洋に白人として紹介されていたのだ。もちろん名誉白人なんて話ではない。マルコ・ポーロは『東方見聞録』に、ジパングには白い肌の人間が住むと書いている。だからと言って、日本人が中国人やモンゴル人のような黄色人種とは別種と想像されたわけでもない。そもそも黄色人種という観念は、西洋が18世紀に発明したと、本書は説く。決定的役割を果たしたのは近代植物学の発展だ。特にはスウェーデンのリンネである。彼は植物学者として知られるが、そこから進んで森羅万象の分類学を志した。たとえば人間も、植物のように種によって分類できるのではないか。リンネの大著『自然の体系』をきっかけに、そういう考え方が急激に広がった。パラダイムシフトという奴が起きたのだ。

その前の西洋では、言葉や着ているものは違っても、人間は結局みな同じという思想が優越していた。それが、体のサイズや目鼻立ちや生育する風土等によって、本質的に相異なる人種が居るという発想に置き換わった。そこでの最重要指標は、やはりいちばん分かりやすい肌の色。白色人種と黄色人種と黒色人種という絶対的概念が生まれた。植物図鑑を編纂することが、人が人を見る目まで変えたのである。

すると18世紀以前には、肌の色の違いはどう理解されていたのか。少なくとも西洋人は、より白いか、より黒いかという程度の、相対観念でしか考えていなかったようだ。日本語でも、あかは明るい、くろは暗い、あおは淡いに、由来するという。要するに色の説明はグラデーションに尽きていた。それと同じだ。

この続きをみるには

この続き: 620文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。