見出し画像

藤井太洋 メタバースを作った

文藝春秋digital
文・藤井太洋(SF作家)

2020年の2月、渡航禁止になる前に日本に遊びにきた友人が「世界SF大会(ワールドコン)がバーチャル開催になる」と耳打ちしてくれた。客もまばらな飯田橋のカフェをぼんやりと眺めた彼は「できるかどうかわからないけどね」と不安そうに付け足した。

SF作家の私も気持ちは同じだった。

世界SF大会――ワールドコンは世界中のSFファンや作家、関係者が集まるイベントだ。5日間の会期中、開催都市に集まった4000人ほどのSFファンや作家たちが100を超えるパネルディスカッションを聴き、あるいは登壇し、大好きな作品について語りあい、ホテルのロビーで深夜までSF談義を続ける催しだ。歴史あるヒューゴー賞もワールドコンの参加者投票で決まる。訪れた街で作家やファンに出会い、旧友を見つけたらハグして自著を交換する。

この全てがワールドコンだ。

パネルディスカッションだけならビデオ会議を配信すればいいし、ヒューゴー賞の発表も同様だ。しかし、ワールドコンを特別なものにしている交流だけは再現できそうもない――それが、私と友人の至った結論だった。

国境を跨いだ移動がほとんどできなくなった4月になると、正式にオンライン開催を通知した主催団体からボランティアを呼びかけるメールが届いた。私は何か手伝えないかとリストを熱心に眺めた。IT分野で手伝えることもあるだろうと思ったのだ。

ビデオ会議・配信システム、絵画のダウンロード販売など、初めてのオンライン開催に向けて募集しているリストの中に並んでいた「オンライン展示会場エキシビションホール」に、私は目を止めた。

書店やゲームショップ、各地のSFファン交流団体がテーブルを出して物品を売ったり持ち込んだ同人誌やチラシを配るエキシビションホールは私が最も長い時間入り浸っている場所で、オンラインで再現できないと思っていた機能の1つだった。

私が参加の意を告げると、すぐにズームでスタッフ会議が開かれた。参加したのは企画側の2人と、音声参加したジャックと名乗るエンジニア、そして私の4人。決まったのは「スクイッドホール」という会場の名前とボスがジャックで私がアシスタントという開発体制だった。

この続きをみるには

この続き: 798文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。