同級生交歓|埼玉県立本庄高等学校 昭和54年卒
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

同級生交歓|埼玉県立本庄高等学校 昭和54年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。

画像1

東京都中央区 資生堂パーラー 銀座本店レストランにて(撮影・松本輝一)

(右から)
資生堂パーラー前代表取締役社長
鈴木真
早稲田大学教授
中林美恵子

今年のお正月には、還暦の大きな同窓会が予定されていたのに、コロナ禍で延期になってしまった。

ミニ同窓会も自粛中だが、いつもは銀座の資生堂パーラー「バー エス」に10人余が集まる。社長で便宜を図ってくれた鈴木くんや連絡役の同級生たちのお陰で、この年齢になってから同窓会が楽しいものだと初めて気付かされた。長年にわたり音信不通でも、会えばいきなり会話が弾んでしまうのだから、まったく不思議だ。

来年創立100周年を迎える本高(通称)には当時、標準服のセーラー服や学生服はあっても、制服はなかった。まるで大学のような雰囲気で、個性・自主性・大人の扱いが基本とされた。そこに田舎らしい生真面目さが混在した。良くも悪くも同級生が多種多彩、自由で元気なのは、そんな校風が影響したのかもしれない。(中林)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。