文藝春秋digital記事TOPわたしのベスト3原田マハ

【全文公開】進路への光 原田マハさんの「わたしのベスト3」

作家の原田マハさんが、令和に読み継ぎたい名著3冊を紹介します。

10_原田マハ_年末書評特集

 新しい時代・令和になって、これからの若者たちに読み継いでもらいたい名著とは、私が若い時分に出会い、少なからずその後の人生に光を投げかけてくれた本である。しかも、面白いことに3冊とも、私が21歳、大学3年生のときにたまたま手にしたものだ。まさか、のちにこの3冊が一生忘れられない宝物のような本になろうとは、まったく想像もしなかった。

 当時、私は関西の大学に通っていた。実家の経済状態は最悪で、仕送りも止まり、ボロアパートで友人と共同生活、アルバイトをいくつも掛け持ちして、どうにかこうにかやり繰りしているような状況だった。大学の門前に彼氏が外車で迎えに来る友人たちを横目で見ながら、アルバイト先の定食屋に通う。アートが何より好きだったので、時折立ち寄る大学生協で美術関連の本を立ち読みするのが唯一の気晴らしだった。

ここから先は、有料コンテンツになります。今なら初月無料キャンペーン実施中! 今後、定期購読していただいた方限定のイベントなども予定しています。

★2020年1月号(12月配信)記事の目次はこちら

 かなり切り詰めた生活だったから、本はよほどでない限り買えなかった。が、21歳の秋、生協で見つけたこの3冊にピンと来て、思い切って買ったのだ。その年、京都市美術館でのピカソの回顧展を訪れた私は、モダン・アートについてもっと深く知りたいと願っていた。『近代絵画史』はその私の希求を十分に満たしてくれる1冊だった。モダン・アートの目覚めと発展について実に明快に書かれた本書は、アートの世界へのドアになった。『アンリ・ルソー 楽園の謎』は、おかしくも心惹かれる絵を描く画家、アンリ・ルソー評伝の決定版である。少々どんくさい凡人・ルソーがピカソをも魅了する楽園を描くに至った謎に迫る本書は、のちに『楽園のカンヴァス』を書くきっかけとなった。『風景との対話』は、風景画家・東山魁夷が、なぜあまたのモチーフの中から「風景」を選び取ったか、自らの体験を確かな筆運びでしたためた随想集である。この3冊は、進路に悩んでいた私に一筋の道を指し示してくれた。世代から世代へ読み継がれ、若者たちの指標となってほしい名著である。



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……「活字エンターテインメント」のすべてがここにある。

文藝春秋digital

月額900円

シェアしたくなる教養メディア。発行部数No.1の総合月刊誌「文藝春秋」が、月額900円であなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けしま…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。もっともっと面白く、クオリティが高いコンテンツを作っていけるよう、頑張ります。

ありがとうございます!
7
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

この記事が入っているマガジン

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

シェアしたくなる教養メディア。発行部数No.1の総合月刊誌「文藝春秋」が、月額900円であなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。