見出し画像

文脈を読む|松重豊

文・松重豊(俳優)

※著者の松重豊さんより、「文藝春秋digital」定期購読者限定で特別プレゼントがあります。直筆サイン入りの松重さん初の著書『空洞のなかみ』を抽選で10名の方に差し上げます。記事の末尾にある応募フォームに必要事項を入力し、ご応募ください。締め切りは11月30日(月)まで。当選は発送をもって代えさせていただきます。

2019年末、僕らは「孤独のグルメ」大晦日スペシャルの撮影の為、韓国釜山にいた。福岡出身の僕にとって、どこよりも近い異国のグルメは目を見張るほど美味しく、同じ近海の幸でも食文化の違いでこうも変わるのかと今更ながら驚いていた。来年はオリンピックもあって、ますます隣国との行き来は烈しくなること間違い無い。プライベートでも博多への墓参りのついでに寄るか、などと夢想していたら、突然、僕の担当のメイクさんが発熱で倒れた。午後の撮影中、口数が減ったなとは思っていたのだ。実は出国前に、専属のスタイリストさんがインフルエンザでダウンして韓国ロケに同行出来なくなってしまったという経緯がある。僕ら演者とメイクさんとスタイリストさんは「密」な関係にある。濃厚接触も甚だしい環境でスタンバイするのが日常だ。どうも出国前の撮影時に感染したらしい。となると僕に伝染(うつ)るのも時間の問題かと思われた。明日一日釜山市内でロケをして明後日福岡へ帰国という日程なんだが、いかんせん雲行きが怪しい。現地の病院でインフルエンザと診断されたメイクさんは、発熱が引くまで出国出来ないと告げられたと言う。焦った。ここで足止めを食うと国内のロケも残っているから放送に間に合わない可能性がある。「紅白」と「ガキ使」の裏とはいえ、この番組の出演者は凡そ僕ひとりなのだ。翌日、なんとか釜山ロケを夕方までに終え、福岡行きの最終便に飛び乗った。その足で中洲にある夜間診療所で感染予防の為のタミフルを処方してもらい、ギリギリなんとか発症は免れて事なきを得た。メイクさんも無事帰国出来、笑い話になったという、そういう文脈の年末。

この続きをみるには

この続き: 1,177文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。